インフォメーション

2020.05.02 (Sat)  08:24

延長方針か…

政府は今月6日に期限を迎える緊急事態宣言について対象地域を全国としたまま1か月程度延長する方針を5月4日に決定するそうですが…やっぱり延長の方向か…ちぃ。延長やウイルスとの長丁場の雰囲気は流れてだけどね。一二週間がヤマって言ってた時から随分月日経つなぁ…ウイルス蔓延が生じないよう、新しいに新しい対策、新しい事、考えながら、生活して行かないと…ね。

家族や身近な人との会話を大切に

脳によい刺激を与えるということでは、人と話すことも大切です。気持ちや出来事を言葉に出して会話するということで心の浄化作用(カタルシス効果)が得られるなどの気持ちの整理につながります。イベントや会合が軒並みキャンセルになったり、できるだけ人と関わらないようにすることで、いわゆる“引きこもり状態”になることも懸念されます。それが症状を悪化させることにもつながりかねないので、家族や身近な人との会話を大切にしてください。人込みや不必要な接触は避けていきたいところですが、電話やネットを通じてのやり取りは十分に可能かと思います。

また、気持ちのコントロールに大きな影響を及ぼすホルモンの一種、セロトニンを生成するためには、1日20~30分の軽い運動が必要と言われています。自宅でできるストレッチや近所への買い物や散歩などもうまく取り入れながら体を動かすことも大切です。

冬季うつは、多くの場合、4月頃までには症状が解消されます。しかし今年は懸念材料がそろっているので、積極的に精神的なコンディションを高められるよう工夫することをお勧めします。気分が落ちたまま、年度替わりを迎え、3~4月の人事異動、転勤(卒業、入学も)などのライフイベントを迎えると症状が長引きやすく、次の5月病に移行してしまうかもしれません。

花粉の季節到来で、ただでさえも心身の不調が見られる時期かと思いますが、生活スタイルを見直し、心身の状態を良好に保つことが、ウイルスなどへの予防にもつながると思いますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

2020.05.01 (Fri)  09:52

5月ですね

対策の成果を振り返る時間は終息後にいくらでもある

新聞などで、対策はどの国も完璧だったとは言えませんが、台湾は完璧に近かったなぁ。台湾はこの問題に対して早くから声をあげて警告していましたが、台湾がWHO(世界保健機関)に入っていないせいで、その警告にほとんど注意が払われなかったのは不運なことでした。

ちょいちょいメディアの司会や政府の口からでる『専門家の意見を聞き判断』を良く耳にします。私は東日本大震災の原発事故で専門家さんが毎日毎日メディアに出て『原発事故の対策』『メルトダウン』について語っていた事を思い出す…ぶっちゃけ誰も良く分かってなかったんだよね。あいつ今何してるって番組か、しくじり先生に出て来て欲しいょ。あの時言えなかった、本当のことを、聞いてみたい。

もし、政府や専門家に直接意見できる機会があったら「台湾」に行き対策を一から学んで来て欲しいょ…ほんとに…

数年後には特効薬ができて、日常会話で『インフルエンザみたいに、「俺コロナにかかった!」』って…『アベノマスク』して病院に行けよ!って笑える時代がくる。ね、きっと。

アベノマスク返品したなら、やめちゃえば良いのにね。昨日、箱入りマスクが、ツルハやイオンビッグで売ってたし、連休明け辺りからマスク不足も解消されると日経に書いてあった。国内企業、シャープやアイリスオオヤマが本気を出し生産したからだそうです!!

永田町などで「アベノマスクは流行語大賞の有力候補」との声も広がる中、カラオケ定番の名曲「時代」のフレーズ「あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ」を思い浮かべる向きも少なくないという。しかし、今回のアベノマスク狂騒曲の記憶は、「とても笑い話にはなりそうもない」。もし、感染拡大阻止に失敗して安倍政権が終われば、「アベノミクスで始まり、アベノマスクで終わった」とも言われかねない。安倍首相も、歌の続きのように「だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう」という心境にはなれそうもなさそうだ。

今月も1日1日大切に過ごしましょう✨

2020.04.30 (Thu)  23:10

4月も

4月も今日で終わりですね。春なのに春らしくない日々だった、それでも、つつじが美しく咲いていました。人通りがほとんどない中、鮮やかなピンクの花が目をひき良かったなぁ。

緊急事態宣言が4月7日に出されて、連休最終日の5月6日まで外出自粛などの対応が続きます。国民の多くは、ここで感染拡大を抑え込んで、連休明けに緊急事態宣言が解除され、早期に普段の生活を取り戻せるものと期待し、我慢を続けています。一方「本当に連休までにケリが着くのか」「緊急事態宣言が延長され、再延長され、延々とこの状態が続くのではないか」という不安もよぎります。

最悪を想定するのが危機管理の基本。短期で決着するという好ましいシナリオだけでなく、長期戦になるという苦渋のシナリオも想定しておく必要があります。

自粛休業でやることなく、国会中継をボーと見ていると、蓮舫氏が国会でガツンと「い・ま・じゃ・な・い!」と言ってたので、おお!!と思わず食い入る。

新型コロナ収束後に向けた観光需要喚起策「Go Toキャンペーン」に約1・7兆円が組まれていることに「あのね、収束するための協力はなんでもしますけど、この1・7兆だけは今じゃない!」と指摘。各担当大臣を順番にただし、小泉進次郎環境相には「“ワーケーション”って何ですか?国立公園満喫プロジェクトってなんですか?」と質問。進次郎氏が「ワークとバケーションを合わせた言葉で、いま蓮舫議員は頭を抱えてますが、我々が作った言葉でもありません…」と説明を続け、「内需を鍛えていく」などと応えたが、蓮舫氏は「今じゃないでしょこの予算!」と厳しい声で指摘した。「このお金、総理、見直しません?い・ま・じゃ・な・い!今は医療従事者や事業主に、支援が届かない人たちに振り分けるのが政治決断だ」と述べてた。う~ん😔今じゃない!ね…

5月はきっと良い月日になるんだろ

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2020.04.27 (Mon)  10:13

お米

自粛…長いね。昨日5枚入りですが、コンビニで『マスク』が販売されてました。少しずつ解消されるみたいです。今日お米屋さんにお米を買いに行ったのですが、自粛で自宅にいる機会が増えたみたいでして、いつも買ってるお米の銘柄が後わずかでした…自宅で自粛していてもお米は食べるのでね。お米もなくなる訳か…成る程です。

米1kgは何合なのか?米1合は何人前なのか?米の単位換算を知る

米は、毎日の食卓に欠かせないものだ。朝昼晩のごはんや弁当用にと、何かと米を炊くシーンがある。そんな米だが、買うときは何キロ、炊くときは何合とそれぞれ単位が変わる。「米1kgは一体何合になるのか?」、「米1合は何人前なのか?」などと疑問に思うことはないだろうか。そこで今回は、米の単位換算について学んでいこう。

米1kgは何合なのか?

米は1kg・2kg・3kg・5kg・10kgと、キロ単位で販売されている。家族で食べる場合は、5kgや10kgの米を買うことが多いのではないだろうか?では、この米1kgで何合の米になるのだろう。

・米1合は何gなのか?

まずは、米1合が何gになるのかということから知ろう。米1合は約150gと換算される。ちなみに、米1合は体積に換算すると180ccである。通常の計量カップが1カップ200ccに対して、米用の計量カップが180ccになっているのはこのような理由がある。

・米1kgは何合なのか

米1合は約150gなので、米1kgは、約6.7合ということになる。茶碗で換算すると16杯分ほどだ。4人家族が朝夕食べるとすると、2日で食べきってしまうことになる。米1kgキロは意外にもすぐなくなってしまう。

米の単位豆知識

米の単位換算を理解したところで、その他の米の単位に関わる豆知識も覚えておこう。

・炊く前と炊いたあとで米の重さは違う

米1合は約150gだが、これを1時間ほど浸水させると約200gとなる。さらに炊飯すると、約350gとなる。このように水分が加わることで米の重さも変わっていく。150gの米を炊けば、150gのごはんが炊けるというわけではないのである。

・茶碗1杯のごはんに何粒の米が必要なのか

茶碗1杯のごはんに何粒の米が入っているのか考えたことはあるだろうか?茶碗1杯=150gのごはん=米65gと計算すると、茶碗1杯のごはんに3250粒の米が必要になるということだ。普段はあまり気にしないが、米粒に換算するとなかなかの数になるそうです!!

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2020.04.18 (Sat)  10:42

臨時休業

臨時休業

コロナウイルス感染予防の為『臨時休業致します』

今日は大雨になるみたいです…出歩かなくて良いですが、体がなまってしまいますね。滝のような非常に激しい雨が降るようです…山登りもいけないので、今宵は、地図をつまみに晩酌タイム。献血がかなり不足しているみたいです。お時間がありましたら、ウイルス感染対策して、ご協力をお願い致します。昔、友人が輸血で助けられたので、私もちょいちょい協力してます。

国民1人当たり10万円の現金を一律給付する意向にですね。なのに、麻生財務相(79)が『要望される方、手を挙げる方に配る』と発言『なんでいちいち面倒臭くするんだ。もう政界引退してくれ、うっとうしい、

お粗末』お早うやれ!お早う!いかん、いかん、ニュースを見ているとイラッてする今日この頃。うんざりだ…

経済の記事から…勝負に出た小池都知事、挽回を狙った官邸

財政の豊かな東京の知事は、勝負に出た。ここぞとばかりカネをばら撒くことにした。他の県がどうなろうと知ったこっちゃない。東京が他県に配るわけではないので損はしない。

カネに困っていないが、皆、不安にさいなまれているからである。コロナはこの先どうなるか分からない、不安だ。それを払拭したいのである。都知事も不安を払拭するために8000億円と言っている。この不安とは「仕事が失われる不安」のような「具体的な不安」ではなく、「今後コロナが、社会がどうなるかわからない」、という「とらえどころのない、いたたまれない不安」である。こういうときに慰めるには、マスク2枚ではない。カネである。不安なときはカネをわたしておけば、何か困ったときにはこれを使いなさい、と渡すのがもっとも効果的である。だから、政治活動としては、全員にただちに現金を配ることがもっとも効果的なのである。すぐ配ることが重要なのである。しばらくすれば不安は軽くなるだろう。そのときにカネが届いても、悪い気はしないが、感謝はしない。「もらってやるか」、というぐらいなものである。しかし、今、全員不安なときに、その状態でカネをもらえば、ありがたい。くれた人に感謝する。だから、いますぐ、全員に配るのである。

コロナよりも政治に、人間の欲望と感情に、うんざりだ

今週も一週間お疲れさまでした

今日も1日大切に過ごしましょう✨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...