インフォメーション

2021.01.05 (Tue)  23:00

初競り

4日に英国でジョンソン首相が新型コロナの変異種抑制のため、ロンドンのあるイングランドで学校閉鎖などを含む全面的なロックダウン(都市封鎖)を再び導入すると表明しました。国内でも4日に菅義偉首相が東京など1都3県を対象に「緊急事態宣言発令の検討に入る」と表明。早ければ7日にも1カ月程度の宣言が発令されると伝わるほか、1都3県の知事が8日から午後8時以降の不要不急の外出を自粛するよう住民に要請することで合意したそうです。減らないね…新たな、変異種も質悪そうで困るょ!東京の豊洲市場で初競りが行われ、青森県大間産の本マグロが2084万円で競り落とされました。マグロと言えば、我が山梨県!マグロ大好き県です。意外な日本一!「すし店の数」(人口1000人当たり)である。山梨県は0.303(事業所)で、0.299の石川県を押さえて堂々のトップとなっているのだ(平成26年経済センサス)。海なし県の山梨県になぜこうもすし店が多いのか?

※マグロ消費金額2位(年間=甲府市):9040円(1位は静岡市の1万2305円)

※アサリ消費金額2位(年間=甲府市):1055円(1位は静岡市の1135円)

※すし(外食)消費金額 4位(年間=甲府市):1万9900円(1位は金沢市の2万3387円)

これらは総務省家計調査(2人以上の世帯)の2017~2019年平均の数値で、政令市と都道府県庁所在地を対象としたものである。すしの外食の全国平均は1万4885円だから、約5000円も上回っている。いかに山梨の人たちが「すし」と「マグロ」を愛しているかを如実に物語っている。江戸時代から「マグロはごちそうとしてハレの日の食卓に上がり、現在まで山梨県のごちそうとして不動の地位を守り抜いています」(甲州市のHP)という土地柄なのであるそうです。

今年も美味しいマグロをご用意しておきます。コロナウィルス感染対策万全でお待ちしております。

今日も1日大切に過ごしましょう✨