インフォメーション

2021.01.04 (Mon)  08:32

大発会

DSC_0513.JPG

昨日の南アルプスの山々はキレイでした!今日は大発会!今日から仕事と言われる方も多いと思います。私達の業界では、仕入れ先の市場が明日からなので…今日1日は店内掃除やら、いろいろと作業がありまして…新聞記事では、新型コロナの感染拡大になかなか歯止めがかからず、東京都の新規感染者数は12月31日に1337人と初めて4ケタとなった。日本経済新聞電子版は3日夜、「東京都は酒類を提供する飲食店などに要請している午後10時までの時短営業を飲食店全般に拡大し、午後8時までとする方向で調整している」と伝えた。緊急事態宣言も意識されるなか、外食関連年明けそうそう、苦戦を強いられそうです。鉄道や空運などにとってもマイナスだろうなぁ…。ほんとに、収まらないね。困ります…

おせちは、いただきましたか?祝い肴三種といって「黒豆」「きんとん」「田作り」これさえあれば最低限お正月をお祝いすることができるという品に加え、いくつか取り上げてみました。

○黒豆

真面目に働けて、健康に暮らせる一年を願って「まめまめしく」働き暮らせるようにという願いが込められています。黒豆の「黒」には魔除けの力があるとも。黒豆には、胃腸の機能を高め、尿の出を良くし体の余分な水分を除く効果があると言われています。

〇田作り

畑や田に、もともと肥料として利用していた小鰯を使い、豊作を祈願する意味で「田作り」と呼ばれています。使っている鰯は、漢方では「気」を補うため、疲れがちな時、気分が乗らない時などの「気虚(ききょ)」と呼ばれる時に良いとされています。

西洋医学に置き換えると、漢方でいう「気」は「血」や「水」、臓器を動かし、自律神経や内分泌系をつかさどる働きをもちます。

〇栗きんとん

黄金色にあやかって、商売繁盛や金運を呼ぶ縁起物とされています。栗やサツマイモは、糖をつけ内臓の働きを良くすることで体を温めるため、冬には良い食材です。また、胃腸を丈夫にし、血行を良くするという性質もあります。

さ!今日1日大切に過ごしましょう✨