インフォメーション

2020.12.19 (Sat)  09:18

山々が真っ白

窓から見える南アルプスの山々が真っ白。鳳凰三山の象徴オベリスクがハッキリわかります!あ~山行きたいなぁ…先日今年を表す漢字が発表してて「密」でしたね!私は「無」かな…何もしてないから…。あなたの漢字は何ですか?1年早いなぁ…

あいつが悪い! 許せない!と怒り出す前に知っておきたい悪の本質

本当の意味での「悪いこと」というのはあるのでしょうか?

一方的にひどいことを言われ、とても傷付いたのですが、同時に、私を傷つけた相手は本当に悪いのだろうか? と思いました。これはそういうことを相手に言わせた原因が私にあるとかいう話ではなく、他人を傷つけたり不利益を被らせたりすることと何かが悪であることは関係がないのではないか、ということです。また本人のいないところで陰口を言うのはいけないことだ、とか死んだ人の悪口を言うのはいけないとか言われますが、これも誰も不利益を被っていないのに悪いこととされています。そう考えると、いままで普通に使ってきた悪いという言葉の意味がよくわからなくなりました。悪いって一体なんなんでしょうか。

何を悪とみなすかは、集団での「身分証明」となる

悪とは、ヒトが否定的に評価されるものにつけた呼び名です。何を悪とするかは時代や文化や集団によって様々ですが、我々が知るどの文化も善と悪の区別を持っているようです。悪の普遍性と多様性を説明するために「ヒトはなぜ悪を必要とするのか?」という問いが立てられました。この問いの答えは「ヒトが集まりを作り維持するため」、もう少し詳しく言えば「何かを悪と名指すことで、我々(集団に属する者)はいかなる者であるべきかを示し共有するため、そうして《我々》と《我々以外》を繰り返し定義しなおすため」です。

何を悪とみなすかがその人があの集団の属するか否かを示す一種の「身分証明」となるというものみたいです。

今週も1週間お疲れ様でした!今日も1日大切に過ごしましょう✨