インフォメーション

2020.12.12 (Sat)  23:59

目標を達成できない人

明日、12月13日は「正月事始め」といい、「煤払い」などの正月の準備にとりかかる日とされています。何をするにも縁起良し。もともと、12月13日は「鬼宿日(きしゅくにち)」といい、婚礼以外のことは全て吉とされています。そのため、この日から物事を始めるのがよいとされ、1月1日の元旦を迎えるために準備を始める「正月事始め」とされていました。この「正月事始め」には、大きく3つの習慣がありました。

正月事始めの「3つの習慣」

1つ目は、「煤払い(すすはらい)」です。家の中に一年の間に積もった、すすやほこりを掃除するというものです。それだけではなく、一年間の厄をはらい落として家の中を清め、新年を前に神様を迎えるための準備をするという意味も持っていました。ヨシ明日はお店の大掃除だ!コロナ終息願って。

毎年「目標を達成できない人」に欠けていること その4

焦らず、小さな成功体験を積み重ねて

現在のご自身のポジションと到達したいゴールの距離を鑑みて、今年何をするか、今やるべきことは何か、そうやってブレイクダウンして小目標のようなものを作っていけばおのずと目標を達成する癖もつくでしょうし、やがてそれが自信にもつながります。いきなり挑戦して失敗して諦める。こういったパターンにはまってしまってはいけません。ですから、目標設定自体にうまくならないといけないのです。そのためには、ご自身の現在のポジションやサイズをキチンと理解したうえで、最終的に自分は何を達成したいのか、というゴールに照らし合わせて、目標のスケジュール管理をするべきです。繰り返しですが、小さな積み重ねが大きな結果に最終的にはつながるのです。自分自身に自信を持ち、次なる大きな目標に自信と勇気を持って立ち向かえるように、小さな目標設定と達成を通じて小さな成功体験を積み重ねていきましょう。小さい、とは言いましたが、全体の中では小さいというだけであり、それでもそれを達成すれば着実に前に進んでいるということであり、決して楽に達成できる目標というわけではありません。現時点のご自身の身の丈にあった目標、という意味です。それを達成すればご自身の身の丈やポジションも当然今よりも上がるわけですから、そうしたら次のちょっと大きな目標設定が可能になるわけです。

焦らずゆっくりと、大きな目標の達成に向かって歩んでいきましょう。適切な目標設定を通じて、目標達成の醍醐味を感じ、より大きな人生のゴールに向かって…

今日も1日大切に過ごしましょう✨