インフォメーション

2020.12.01 (Tue)  23:26

12月だ!

今日から12月ですね。寒いわけだ!寒さでつま先が痛い。今年も終わっちゃうね…この季節になると、話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選2020ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、東京都内で発表され、「3密」が年間大賞に選ばれました。うーん🤔…コロナめ!!

換気の重要性はわかっていても寒い!

全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にありますが、対策として、手洗いやマスクなどとともに重要なのが換気です。冷やさずきちんと換気するには

冬場の換気のポイントは、部屋の温度を下がりにくくすることと、そのためにも効率よく換気することにあるといいます。「朝や外から帰ってきたときは、まずエアコンの暖房を入れて、部屋を暖めます。そして、エアコンを運転したままで窓を開けて換気しましょう。はじめに暖房を入れて壁や床、天井を暖めておくことで、室内の温度が下がりにくくなります」(ダイキン工業より)起床時間や帰宅時間が決まっている場合は、タイマーを利用するといいですね。起床時間や帰宅時間が決まっている場合は、タイマーを利用するといいですね。「換気は1時間に5分を2回が目安ですが、寒さが気になるなら少し短めにします。冬は風が強いので、夏より短めでも十分な換気ができます」(ダイキン工業より)窓の開け方にも、コツがあるといいます。「効率よく換気をするためには、部屋に空気の通り道を作ることです。部屋の2箇所の窓を開けるようにしましょう。できるだけ、部屋の対角線上にある窓を選びます。エアコンから離れた窓を選ぶと、節電につながります。また、風の入り口の窓は小さく、出口は大きく開けると、さらに空気が通りやすくなります。窓が1箇所しかない場合は、扇風機を窓に向けて使い、室内の空気を外に出すよう流れを作りましょう」(ダイキン工業より)冷え込みがますます強くなりますが、上手に換気してきれいな空気のなかで健康に過ごしたいですね。

今日も1日大切に過ごしましょう✨