インフォメーション

2020.11.17 (Tue)  23:39

とれたてホップ

コロナのバカヤロー!とついつい言ってしまう、そんな日々からワクチン期待が!!米国製薬会社のモデルナは16日早朝、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験で高い有効性が示されたと発表した。モデルナは94.5%有効確認し数週内に許可申請へするそうです。これは期待出来そう!承認されるの祈るのみ。

今年も【キリンビールのとれたてホップ入荷しました】この季節限定です、是非一度味わってみてくださいね🍺

主導権をとりたい場面では過度なへりくだりはいらない。謙譲語とは、相手を敬って、自分を低い立場において話す言葉ですが、本来なら対等であるべき人に、むやみにへりくだる言葉を使うことで、「私はあなたより下の立場にいるのだ」とメッセージを発していることがあります。カリスマ性を上げたいと考えるのであれば、過度に丁寧すぎる言葉が「仇」になるのです。例えば、最近よく聞くこの言葉。「〇〇させていただきます」。そこに、「と思います」まで加わって、「ご紹介させていただきたいと思います」などといった言い方をしていませんか。これは「ご紹介いたします」でまったく問題ないわけです。

ご説明させていただきます → ご説明します

務めさせていただく → 務めます

拝見させていただきます → 拝見します

についてお話させていただきます → についてお話します

確認させていただきます → 確認いたします

これで十分ですよね。「一文はなるべく短く、言い切る」ほうが言いやすく、聞き取りやすい。そして、より確信をもっているように聞こえるのです。日本人は「名刺は相手より低い位置で出す」といったような、極度に自分を小さく、下に見せるしぐさやマナーに縛られ、知らず知らずのうちに、自信なさげにふるまうことに慣れてしまっている一面があります。丁寧で失礼に当たらない言動は大切ですが、会議やプレゼンなど、リーダーシップや主導権を取りたい場面で、「過剰なまでにへりくだる必要はまったくない」ということだそうです。

今日も1日大切に過ごしましょう✨