インフォメーション

2020.10.13 (Tue)  23:29

服装困るね

温かい!と言うより暑い!服装に困ります。先日、腰を痛めてしまい、腰から下がだるくて、だるくて。で、なんとなく熱っぽい!と思い体温計をオデコにピっ!36,3…熱なくて良かった。寝起き、開店、寝る時に毎日ピってするのですが、そういえばこの体温計36,3か36,5しか数字見たこと無い!で、あまりにも腰が痛いので先日病院に行き、病院の入口でやはりオデコにピって!36,2…湿布薬を頂き安静してろと。ちなみに先生が体温計、オデコにピ!は、あまりあてにならないょ。普通に(国産のテルモやオムロン)の体内体温計が1番だそうです!!テルモの体温計で測りなおしたら35.8だった。

期待と実際に抱く感情との間にあるズレ。時間と精神的なエネルギーだけでなく、私たちはもっと大切でかけがえのないものを無意識のうちに仕事に注ぎこんでいます。自尊心です。みなさんのなかには、仕事に対して大きな望みを抱いている人もいるでしょう。大幅な昇給、名誉ある昇進、あるいは人に自慢したくなる新しい仕事。でもほとんどの場合、実際に手にしたときの高揚感は期待したほど強くなく、持続もしません。未来のできごとに対して自分がどう感じるかの予測と、実際に抱く感情との間にはずれがあり、「インパクトバイアス」と呼ばれています。このずれが「誤った希望」を抱かせてしまうのです。つまり、実際にはそこまで幸福感をもたらさないものを手に入れるために必死になってしまうわけです

投資家ウォーレン・バフェットにこんな名言があります。「履歴書に箔がつくからというだけで好きでもない仕事を続けている人がいるとしたら、正気ではないと思うね。老後にセックスをとっておくみたいなものだ」。目標をもつのはいいことですし、昇給も昇進もそのときは達成感があるでしょう。でも昇進して望んだ地位につけばあとはめでたく幸せに暮らしました、とはならないのが普通です。「輝く未来」をめざして無残な現在を正当化するという悪しき習慣をやめてみましょう。

今日も1日大切に過ごしましょう✨