インフォメーション

2020.09.17 (Thu)  08:20

玄鳥去

随分、日が短くなりましたね。今日17日からは七十二候「玄鳥去(つばめさる)」。この時期になると、ツバメたちは暖かさを求めて南に渡りはじめます。本来であれば、ツバメを取り上げるところですが…この時期の天気と深い関わりがある鳥を見つけたので、今回はその鳥についてご紹介します。

百の舌?

皆さんはモズという鳥をご存知でしょうか。住宅地ではあまり見られませんが、郊外では度々姿を現しているようです。そんなモズは漢字で書くと「百舌」。なんだか妖怪のようですが…なぜこのように表記するのでしょうか。

ものまね名人!

モズのオスはメスに求愛をする際、ウグイスやヒバリなど様々な鳥の声を真似します。「ぼくはこんな声も出せますよ!」と必死にメスにアピールしているのです。ものまねのレパートリーは豊富で、その芸達者な姿から「百舌」と名付けられたようです。

長く続いた梅雨が明けて、いきなりやってきた真夏。コロナ対策のためのマスク着用などもあり、例年以上に暑さが身にこたえている方も多いのではないでしょうか。そんな日に、なぜか無性に食べたくなるのがカレー! いったいなぜ? 調べてみると、カレーは夏バテ防止にぴったりの食べ物らしいのです。しかも体ばかりか、カレーライスを食べると心まで元気になってしまう日本人が多いのだとか!? 老若男女に人気の「国民食」、カレーの秘密にせまります。カレーなどのスパイシーなメニューは、暑い国でよく食べられています。日本でも、なぜか夏には無性にカレーが食べたくなるから不思議…「夏バテで食欲ない〜素麺しか無理〜〜」と言っていた人が、熱々のカレーならペロリと平らげてしまったりしますね。じつは、カレーなどの辛いものをハフハフと食べて汗をかくことで、汗が蒸発するとき体の表面の熱が放散され、体温の上がりすぎを防ぐのだそうです。体みずからが涼を求めてカレーをオーダーしているのかも!?カレーは、複数のスパイスから作られています。ターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンをはじめ、その多くが漢方薬など健康に役立つものとして用いられているようです。効用実験では、食欲を増進させて消化吸収をたすけたり、ストレスを緩和する働きをしたり、さらに冷え症の改善や脳の細胞活性化などにも効果があるとの報告(※)も。カレーは、暑さで弱りがちな体に活力をくれる「薬膳メニュー」といえるのかもしれません。

今日も1日大切に過ごしましょう✨