インフォメーション

2020.08.25 (Tue)  08:19

旬ですょ

少しづつ秋の気配を感じますね。今日は魚屋「魚とびさん」から「アジとイサキ」を仕入れました。脂がのってて旬ですね。

相手を試すような言い方はしないこと

久しぶりに会った人に、「私のこと覚えていますか?」と聞かれて、戸惑うことがあります。 「覚えているのかいないのか」を試されているようで、覚えていなかったら、「あなたは失礼な人間だ」と思わせる脅しのようにも感じられるからです。

×よけいなひと言 「私のこと、覚えていますか?」

◎好かれるひと言 「あのときお会いした大野です」

「すみません、すぐ思い出せなくて」と正直に言える雰囲気ならいいですが、多くの場合は、「ああ、あのときの?」なんて言葉をにごして返事に困るもの。でも覚えていないのは、急に思い出せないだけのこともありますが、相手がその程度の印象しか持っていないからです。それなのに自分が悪者になった気分にさせられるのは、イヤですよね。「覚えてる?」とは少しニュアンスが異なりますが、「これ知ってる?」も相手に対して失礼な聞き方です。「私は知っているけど、あなたは知らないよね」と思っているのが前提で、バカにされているように感じるからです。さらに悪いケースは、知らなかったときに、「え、知らないの?」とダメ押しされること。言われたほうは、自分が関心のないことを知らないだけで責められているようで、ムッとするものです。ですから、久しぶりに会った人には、相手を試すような言い方はしないこと。挨拶するときも、「私はあのイベントで会った大野です」と、先に名乗りましょう。言われた相手の立場になって気持ちを想像してみる視点が大切です。好かれるひと言が、よりよい関係性創りのきっかけとなりますように。

今日も1日大切に過ごしましょう✨