インフォメーション

2020.08.18 (Tue)  23:35

挨拶

挨拶

毎日暑いね。梅雨が長くてイラッとしましたが、この暑さは…ね。暑さからか相変わらず、野菜が高くて魚が少なくて、参った!

朝起きてベランダから南アルプスの山々を見るのがすきでして、今年は南アルプスは入山禁止🚫残念。それでも、山好きなお客さんがご来店して頂き、私も山登りするんですと、女性のお客さん。聞けば数年前「南アルプス山脈(白根三山縦走(北岳、 間ノ岳、農鳥岳)を一泊で登ったそうです。芦安バス停を始発で出発し、広河原から農鳥岳の山小屋迄イッキに行きギリギリ4時に農鳥小屋に到着し、翌日大門沢を下山したみたい。しかもテント背負って。スゴイなあ。コロナ終息したら心置きなく南アルプスや北アルプス山!登りたいな。人の入ってない里山は結構獣臭がして怖いのでね。山のいいところは気軽に挨拶ができる事。街中で知らない人に(こんにちは)とか(どちらから来たのですか?)とか声掛けたら「気持ち悪く」感じられますが、山だと、普通にどこどこから来ました。○○ルートで来ましたとかね。普通に笑顔で挨拶したり、励まされたり、いろんな山の話するんですよ。ね…最近挨拶してますか?

「挨拶」はもっとも大事なコミュニケーション

「挨拶」は、第一印象を決める大切な儀式。相手に「安心感」と「信頼感」を与えるための、もっとも大事なコミュニケーションです。ほんのちょっとの「言い方」の違いで、相手に与える印象は変わります。普段、どんな声かけをしていますか?

×よけいなひと言 「疲れてる?」

◎好かれるひと言 「元気だった?」

「元気だった?」 「元気よ。○○さんも元気そうね!」という挨拶は気持ちいいですよね。 ところが、家族でもない人から会った瞬間に、「あれ、疲れてる?」「なんか疲れてない?」 などと言われると、なんとなくイヤな気分になるものです。なぜならそういう言葉は、「今日のあなたはやつれているよ」とか「顔色が悪くてしんどそうだよ」と言われているのと同じだから。気持ちが“マイナス方向”に引っ張られてしまうんですね。