インフォメーション

2020.07.13 (Mon)  10:35

甘酒

朝顔市もほうずき市も中止。…昨日は雨予報でしたが…お昼頃からお天気になり、ありゃりゃ。最近山歩きしてないので、お昼過ぎから里山歩きしましたが、暑さに負けた。山登りも、そろそろ2000㍍超えないと暑くてダメだね。

“夏バテ対策飲料”として存在していた「甘酒」。実は医療現場で使われる点滴に近いビタミンB1、B2、B6を主とするビタミンB群や、必須アミノ酸といった栄養補助成分が豊富に含まれることから、甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれています。また、江戸時代には夏バテ気味のカラダを元気にしてくれる夏の飲み物の風物詩でもあったため、俳句の世界で甘酒といえば、夏の季語を表すそうです。カラダが発するバテモードのサインを感じたら、まずは気軽に甘酒を飲んでみてください…このちょっとした行動が、疲労を回復する有効な手立てになるかもしれません。

ここぞ勝負!甘酒には、エネルギーにかわるブドウ糖をはじめとする豊富な栄養価が含まれているため、朝飲めば短時間でエネルギーチャージでき、カラダに元気を補充できる効果があります。こうしたことからも、受験当日を迎えた受験生や、ここが本番!というビジネスパーソンにとって、強い味方になってくれるはず。もちろん、眠る前に飲めば疲労回復の役割も果たしてくれるので、甘酒を日常生活に上手にとり入れ、活力ある毎日を過ごしたいものですね。

これ以上コロナと自然災害が深刻化しないのを願うばかりです。

今週も一週間大切に過ごしましょう✨