インフォメーション

2020.07.08 (Wed)  14:00

レタス

ひと手間加えるともっとレタスは長持ちする。「レタスは収穫後も芯の部分が成長を続けて、その分エネルギーを使うので傷みが早くなります。つまり成長を止めることが長持ちのポイントになります。成長を止めるのに有効な方法を2つ紹介します。一つは芯の部分をもぎ取り、乾燥を防ぐためにそこに湿らせたキッチンペーパーを丸めて詰める方法。もう一つは、芯に3〜4本の爪楊枝を刺すという方法です。レタス本体を傷めないように芯の部分に爪楊枝を差し込み、成長点である芯に傷をつけることで成長が抑制されるのです。いずれの場合も、処理後はポリ袋で密封し、芯の部分を下にして冷蔵庫で保存しましょう」水分の蒸発を防ぐのも効果的「また成長を止めるのではなく、水分の蒸発を防ぐことでも長持ちさせることができます。芯を薄く切って、新しい切り口に小麦粉をまぶし、芯からの水分の蒸発を防ぐのです」(柴田先生)

きゅうりやトマトと同じように、生で食べるサラダ野菜としてのイメージが強いレタスですが、スープや炒め物などで加熱調理するとかさが減り、たくさん食べられます。

ブラジルのボルソナロ大統領は7日、新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。世界の指導者の中でも、ブラジルのボルソナロ大統領ほどコロナ禍への対応のひどさで「注目」されている人物はいないかもしれない。4月末には国内の死者が5000人に達したことについて記者から質問され、「だから何なんだ?」と言い放ったのには、びっくりだった。今度こそマスクするのかなぁ?

今日も1日大切に過ごしましょう✨