インフォメーション

2020.05.11 (Mon)  08:53

暑いね

今日は朝から暑いですね。家から見れる、南アルプス、北岳や間ノ岳の雪が随分とけたなぁ~…4月の下旬頃から、北国の標高の高い山々でも雪解けが始まります。昔は、遠くの山に残った雪の形や、雪が解けて見える岩肌の形を見て、「この形が見えてきたから種をまこう」「この形になったから田植えをしよう」など、山の残雪の形や、見えている岩肌の形が農作業の目安となっていました。山に見えるこれらの形は「雪形(ゆきがた)」とよばれ、各地で人や動物にたとえられています。あなたが住む街からは、遠くの山にどんな雪形が見えますか?

北アルプスでは、4月上旬ころから雪形が見えはじめます。中でも、1ヵ月以上もの長い間見ることができるのが、五龍岳の頂上付近にある五龍菱です。五龍菱は四つの菱形を組み合わせた形をしていますが、これがまるで戦国武将・武田氏の家紋、四割菱(よつわりびし)に見えることから、「武田菱」とよばれることのほうが多いようです。山頂付近の四つの菱形は誰でも見つけやすいので、雪形ウォッチングの“初心者”にも人気です。条件が合えば、ゴールデンウィークを過ぎても確認することができます。 雪形の見え方は二種類に分けられ、白く残った雪の形で見るのが「ポジ型」、雪が解けたことによって現れる黒っぽい岩肌の形で見るのが「ネガ型」といわることがあります。五龍岳の武田菱は岩肌の形で見るので「ネガ型」となります。

http://www.hakuba-highland.net/page/41

誰も人生からは生き残れません。ずっと先の未来にある長期的な夢のことは忘れてください。もっと目の前のことに情熱を注ぎましょう。与えられた機会を真摯に受け止め、感謝の気持ちをもって勇敢に取り組み続けることです。

未来は僕らの手の中にあります。いつどこで終わってしまうのかわかりませんが、私達一人ひとりの挑戦は日々成長を続けてそれを楽しむこと。

これからどこへ行くのかは、僕にもあなたにもわかりません。でも、きっと最高の旅になるはずです。

みんなの未来は僕の人生の一部です

今週も一週間1日1日大切に過ごしましょう✨