インフォメーション

2020.05.02 (Sat)  08:24

延長方針か…

政府は今月6日に期限を迎える緊急事態宣言について対象地域を全国としたまま1か月程度延長する方針を5月4日に決定するそうですが…やっぱり延長の方向か…ちぃ。延長やウイルスとの長丁場の雰囲気は流れてだけどね。一二週間がヤマって言ってた時から随分月日経つなぁ…ウイルス蔓延が生じないよう、新しいに新しい対策、新しい事、考えながら、生活して行かないと…ね。

家族や身近な人との会話を大切に

脳によい刺激を与えるということでは、人と話すことも大切です。気持ちや出来事を言葉に出して会話するということで心の浄化作用(カタルシス効果)が得られるなどの気持ちの整理につながります。イベントや会合が軒並みキャンセルになったり、できるだけ人と関わらないようにすることで、いわゆる“引きこもり状態”になることも懸念されます。それが症状を悪化させることにもつながりかねないので、家族や身近な人との会話を大切にしてください。人込みや不必要な接触は避けていきたいところですが、電話やネットを通じてのやり取りは十分に可能かと思います。

また、気持ちのコントロールに大きな影響を及ぼすホルモンの一種、セロトニンを生成するためには、1日20~30分の軽い運動が必要と言われています。自宅でできるストレッチや近所への買い物や散歩などもうまく取り入れながら体を動かすことも大切です。

冬季うつは、多くの場合、4月頃までには症状が解消されます。しかし今年は懸念材料がそろっているので、積極的に精神的なコンディションを高められるよう工夫することをお勧めします。気分が落ちたまま、年度替わりを迎え、3~4月の人事異動、転勤(卒業、入学も)などのライフイベントを迎えると症状が長引きやすく、次の5月病に移行してしまうかもしれません。

花粉の季節到来で、ただでさえも心身の不調が見られる時期かと思いますが、生活スタイルを見直し、心身の状態を良好に保つことが、ウイルスなどへの予防にもつながると思いますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。