インフォメーション

今日は朝から風が強いですね。ご立派なタケノコが出回りはじめました。竹かんむりに旬と書く「筍(たけのこ)」 たけのこは収穫直後からアクが増していきます。そのため、手に入れたらすぐに丸ごと茹でましょう。茹でるには、高さ(幅)のある鍋が必要です。たけのこの穂先を切り落とし、残りの身がすっぽり入るサイズのものを用意します。鍋にたけのこを入れ、たけのこがかぶるくらいの水を入れる。ぬか、赤唐辛子を加え、強火にかける。赤唐辛子には、えぐみを和らげる働きがあるといわれていますが、入れる場合と入れない場合で効果に違いがあるかどうかは明らかになっていません。根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通るようになったらOK。火を止め、「湯止め(鍋のまま冷めるまで置く)」をする。流水で冷ますのはNG!

湯止めの目的は、たけのこからアクを出しきること。流水で冷やしてしまうと、アクがしっかり抜けません。たけのこが完全に冷めたら、水洗いしてぬかをきれいに取り除く、穂先の皮「姫皮」はやわらかくておいしいので、残して山葵醤油等で召し上がると美味しいです。炊き込み御飯や土佐煮、天ぷらや焼きでも美味しいですよ。是非一度タケノコのフルコースで晩酌タイム。

新聞記事を読んでると、余計な時間とコストを掛けるのだけは世界一だなぁ…と思います。責任逃れと言うか、ホントに『ひとごと』…ウイルス感染対策を『政治生命かけるくらいの勢いでやれょ』。総理と星野源氏にコラボした動画への『いいね』が35万を超えたらしいが…なに考えているんだ??内閣府、平和ボケもいい加減にしろよ。

小池都知事や全国の知事が必死に形相で取り組んでいるのに…お粗末。

1日でも早く明るい日常が世界に訪れます様に願う。

今日も1日大切に過ごしましょう✨