インフォメーション

2020.02.12 (Wed)  09:09

雑談上手

雑談上手

今日は春の陽気みたいです。暖かいのはありがたい。今日『赤むつ(のどぐろ)』を仕入れました。鮮やかな赤です!今宵の晩酌が楽しみ、今夜は熱燗で晩酌タイム

雑談上手は「目に見えること」を褒める

雑談では、「相手を褒める」ことも会話を盛り上げる重要なアクションです。でも、闇雲に褒めても、どこか嘘っぽくなってしまって、場が白けてしまうこともありますよね。

こういうときに役立つインプロの格言があります。それは、「Be present」という言葉です。意訳すると、「今、自分の目の前にあることにだけ集中しなさい」という意味です。

目の前にないモノやことについて話しても、共演者もお客さんも、そのことを完全に理解できる可能性が非常に低く、そうすると話のリアリティが失われてしまいます。だから、雑談の上手な人は、今、自分の視界に入っている目に見えることについて、本心から感じたことに基づいて、相手を褒めます。一方、雑談の苦手な人は、目にも見えないこと、もっと言えば、心にもないことを言って、相手を褒めようとしてしまいます。次の会話例を見てください。

A 「すごくおしゃれなメガネですね!」

B 「え、そうですか? ありがとうございます。でも、そんな大したもんじゃないですよ」

A 「そのフレーム、何でできてるんですか?」

B 「あ、実はこれ、竹でできてるんです! ちょっと珍しいんですよ(笑)」

A 「へ~、すごい! 職人さんの手作りですか? 見せてもらっていいですか?」

B 「大丈夫ですよ!(わざわざメガネを取り外し、Aさんに渡す)」

A 「ありがとうございます。うわ~、間近で見ると、さらにおしゃれですね!」

B 「いや、それほどでもないですよ(笑)」

Bさんはおそらく恥ずかしがり屋タイプなのでしょうが、とてもうれしそうですね。注目してほしいのは、Aさんが「フレームを褒めている」点です。

「Bさんのメガネのフレームが普通の眼鏡とはちょっと違う(その上におしゃれである)というのは、その場で確認できる「目に見えること」です。その場の事実に基づいて語っているので、Aさんの発言は嘘がなくリアルに聞こえます。だからBさんはAさんの言葉をすんなり受け入れ、雑談が盛り上がるのです。

一方、目に見えない曖昧なことで褒めようとすると、どうなるでしょうか。

A 「最近Bさん、会社でご活躍されてるんですってね!」

B 「え、僕がですか? 全然そんなことないと思いますよ」

A 「この前、御社に伺ったとき、C部長がBさんのこと、しきりに褒めてましたよ」

B 「(いや、C部長は誰でも褒めるんだよ)そうだったんですね。それはうれしいな」

A 「(あれ? たいしてうれしそうに見えないな)どうしたんですか? もっと、自信持って喜んでいいことだと思いますよ」

B 「そうですね。ありがとうございます(上から目線でうるさいな! 事情も知らないくせに…)」

このように、目で見えないことについて発言してしまうと、よかれと思って発言したことでも、相手の機嫌を損ねてしまうことがあります。

よくあるのが「中年の人は、若いと言われると喜ぶはずだ」といった固定観念に基づいて褒めることです。目の前に見える事実を踏まえず、安易に褒めたりすると、嫌味に聞こえがちです。というわけで、雑談で何を話すべきか迷ったら、目に入ってきたモノやことに基づいて、それをトピックに話してみましょう。

今日も1日大切に過ごしましょう✨