インフォメーション

2020.01.30 (Thu)  10:09

言い訳

ウイルス感染不味いですね。中国で感染した患者さんなんとかなるといいですね。ニュース記事を見ていると、ある議員が昨年の参院選で、他の広島県選出の自民党候補の10倍の1億5千万円の軍資金を党本部からもらっていたことがバレて、党内がザワついていて、党本部が大盤振る舞いした1億5千万円問題で、国会、野党どころか、党内までギクシャクし始めたという記事…「候補者に直接、党本部が選挙活動費を振り込むことはありえない。党本部であれば、幹事長、総裁の判断らしいが…その金って出所はみんなの税金じゃないの?ん。…消費増税し、みんな慎ましく生活してるのにね。ふざけるな!この際だから議員減らせよ。人口減少しているんだからさ。減らせよ。

大事なのは「言い訳」に自分で気づくこと

「時間、お金がない」誰にでも1日24時間は与えられています。時間はあるのです。優先順位が低いか、やる気が不足しているだけです。また「資金に余裕がない」「損したくない」「貯金が貯まったら」「お金がない」などの場合、お金がないからできないわけではありません。お金がなくてもできる方法を見つけるという発想を持つとやる気をそがずにすみます。あなたの行動パターンや思考パターンを変えていきたい場合、こうした言い訳に「自分で気づく」必要があります。ですので、まずは、自分がよく口にしていないか、もしくは、口に出してはいなくても内心つぶやいてはいないか、チェックしてみてください。そのタイミングこそがあなたの思考パターンを見直すチャンスです。まずは、あなたが普段使っているやる気を奪う「言い訳をやめる」と、決意しましょう。そもそも、多くの人は「やる気」の源泉がどこにあるのかを勘違いしています。まず理解していただきたいのは、「やる気を上げる=気合いを入れる」ではないということです。テンションとは一時的な気分の盛り上がりであり、瞬発力のことです。テンションが高い状態というのは、「気合い」の入った状態であり、瞬間的にグッとやる気を引き上げている状態です。年度末でいちばん忙しい時期や締め切り直前、プレゼンなど、「ここぞ」というときにテンションを上げるのは効果的です。

今日も1日大切に過ごしましょう✨