インフォメーション

2019.10.16 (Wed)  09:55

寒いね

今朝は寒いですね。寒気が流れ込んでいる影響で、この秋一番気温の低い朝を迎えたそうです。日中は日差しが後押しして気温が上がりますが、暑さはなさそうで、気温も平年並み。一日の気温差だけでなく、日によっても変化が大きくなるため、外出する際の服装選びに困りますね。

10月も中旬に差し掛かって、暦の上では後2ヶ月ちょいで今年も終わる。夜は肌寒くなってきたとはいえ、日中の気温はまだ暖かく“秋に片足を突っ込んだくらい”に感じている。この時期の夜は、1年の中でも感傷的になりやすい気がする。元気ハツラツ!というよりは、心がどんよりしていたり、マイナス思考になったり、過去の失敗や恋愛を思い出したり。このような心当たりがあるのなら、季節の変わり目に体調が崩れるように、心も何か影響を受けているのかも。「夏の終わりは切ない」ってよく言われるのも、精神的なことだけじゃなくて、きっと科学的にも何かが関係しているはず。気圧と自律神経には、深い繋がりがある。気圧が下がると体が重くなったり、頭が痛くなったりするのは、酸素が少し薄くなったり、太陽の光が弱くなることを体で感知して、自律神経に影響が出ているからなんだって。「天候変化と気分障害」の研究結果からも、精神的に落ち込みがちになるのがわかっている。例えば楽しかったことを思い出して、いつもなら明るい気分になれるのに、気圧が下がる今だと、思い出すほど明日の仕事が嫌になったりしてね。

今日も1日大切に過ごしましょう✨