インフォメーション

2019.06.04 (Tue)  23:18

トマト

空模様が変わりやすい時季ですが、本格的な夏はこれから。夏の暑さに負けないカラダと美肌作りにおすすめの食材「トマト」。一年中、スーパーに並ぶトマトは私たちにとって身近な野菜のひとつです。トマトが最もおいしい旬の時季は6~9月。最近は大きいサイズから小さなものまで、バラエティ豊かなたくさんのトマトが販売されています。食べ比べて、お気に入りを見つけてみるのも楽しそうですね。今さら語る必要がないくらい身近な野菜ですが、まだまだ知らないパワーを秘めているようですよ!

トマトを食べると、どんないいことがあるの?

◎疲労回復におすすめ

活性酸素を抑制する効果に期待が高いリコピンは、体の酸化を抑え、老化を予防するほか、クエン酸は食欲増進や疲労回復に。トマトの甘み成分は、脳や神経のエネルギー源となり、疲れをリセットする効果に期待が持てます。トマトと言えば赤!ですが、赤色は興奮作用があり、代謝をよくする効果に期待が持てます。

こうした効果を知ると、トマトを見て、食べることによって、夏バテとさよならできるかもしれませんね!

◎日焼けした肌の回復におすすめ

トマトは、夏の紫外線ダメージを受けた肌におすすめです。まずリコピンがシワやシミの原因となるメラニンの発生を抑える効果に期待が持てますし、トマトにはビタミン類が豊富に含まれているので、肌荒れ予防や荒れた肌を回復する効果に期待が持たれています。

お酒を飲む方には更に良いみたいですよ。

疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な社会人には欠かせないものですよね。そんな睡眠のコツは、眠りに関わる、あるサイクルを意識すること。忙しくて睡眠時間がとれない時や、寝ても怠さがとれない時に、そのサイクルから必要な睡眠時間を割り出せば、ぐっすり熟睡も夢ではありません。

忙しくて眠るヒマがない時に!少なくとも必要な睡眠時間とは?眠りのリズムには、脳を休ませる“ノンレム睡眠”と身体を休ませる“レム睡眠”の2種類があります。このふたつが、90分サイクルで繰り返されることで、たまった疲れをリセットしていきます。特に、最初の3時間は、眠りのゴールデンタイムと言われる、ノンレム睡眠の割合が多い時間。この時、成長ホルモンの分泌が活性化し、カラダのあらゆる場所をメンテナンスしてくれるのです。忙しくて寝る時間が確保できなくても、最低でも3時間眠れば、脳と身体が休まる“健康的な睡眠時間”と言えるのです。

90分サイクルを活用して、睡眠時間を最適にしよう

さて、入眠後3時間を過ぎたあたりから、徐々に“レム睡眠”の割合が増えていきます。すると、身体は休んでいますが、脳は起きているのでスッキリと目覚めやすいそう。寝起きの悪さや、寝てもとれない怠さに悩んでいる方には、理想の睡眠と言えるのでは? このレム睡眠の状態は、90分サイクルを活用すれば、簡単に知ることができます。では、とるべき睡眠時間はどれくらいかと言うと、まずは入眠から4時間30分後(90分×3)です。次が、6時間後(90分×4)、7時間30分後(90分×5)が目安となります。

このサイクルを狙って起きれば、自分にあった理想の睡眠時間もバッチリ!ただ、年齢や性別によって、90分サイクルにも個人差があるので、起床時間の前後15分~30分で調整してみて下さいね。

今日も1日大切に過ごしましょう✨