インフォメーション

2019.05.27 (Mon)  10:06

モチベーション

昨日も暑かったですね。アウトドアするには最高の週末だったでしょうね☺これからの季節は、登山のテント泊、キャンプやBBQを計画するだけども楽しめますね。 ビジネス紙で、東京駅の1日の平均乗降人員数(東京駅から改札を出た人+改札を通って東京駅構内に入った人)は、JR東日本の公式サイトより(2017年度)調べによると、約90万人。これは、山梨県の人口総数に近いんだとか。東京都で現在、一番の人口が多いとされている世田谷区は、90万319人。東京駅は1日で、これらに匹敵する人数が改札を通っていると。 なんともまぁ…我が山梨県… やる気とは、モチベーション(=動機づけ)のこと。心理学における動機づけの研究では、多くの理論が発表されています。中でもモチベーションに関する理論を知っておくと、空回りしているときに自分で対処しやすくなるので、覚えておきましょう。ここで、やる気に関する有名な理論である「外発的モチベーション」と「内発的モチベーション」という考え方を紹介しましょう。外発的モチベーションとは、稼げるからやる、有名になりたいからやる、といったように、給料、昇進、社会的地位の向上を目的として頑張ろうとする気持ちのことです。一方で内発的モチベーションは、楽しいからやる、好きだからやる、というように自分への興味や挑戦から生まれるものです。その割合が時々によって違うだけで、人間は外発的・内発的に限らず両方のモチベーションを持っています。もしやる気が起きないとき「今どちらが足りないのか?」を検証するだけで理由が整理され、どうすれば良いのか対策が分かります。 たとえば「経済的報酬アップを目的にやってきたけれど、お金だけでは満足できない。次は足元を見直して、内発的モチベーションで頑張ってみよう」と切り替えができるのです。何かをする際は、自分の心に2つのやる気があることを自覚し、うまくコントロールしてみましょう。 今週も1週間1日1日大切に過ごしましょう✨