インフォメーション

2019.05.18 (Sat)  15:50

こしあぶら

せっかくの週末もカラッとしないお天気ですね。山菜の、こしあぶらを仕入れました。昔に比べたら結構高価な食材になりまた。よくお客様から、趣味である山登りでとって来たらと言われますが。たまに意識して、たらの芽やこしあぶらの木を探すのですが、中々お目にかかる機会がなく、数年前ならあったような場所も今では跡形もなく。根こそぎとって行くからなくなるのかな?...今夜はこしあぶらの天ぷらで晩酌ですね。

ビジネス紙でこんなエピソードを発見

落としたら「お金が増えて戻ってきた」奇跡みたいな実話

落とし物が戻ってきた、というだけでも話題になりそうなアメリカで、さらに中に入っていたお金が増えたという珍しい話。

20歳男性ハンターさんは、飛行機で移動中に財布を紛失。中には、現金60ドル、身分証明証、サイン済の給料支払小切手、デビットカードが入っていました。

この財布、後日、どういったことなのか郵送されてハンターさんの元に届いたのです。しかも、お金が100ドルに増えてたんですって。一緒にこんな手紙が添えられていました。

ハンターへ。オマハからデンバーへ向かうフロンティア航空の12列目F席で見つけたよ。必要だろうと思った。じゃあね。

P.S.現金を100ドルにしておいた。これで財布が戻ってきたお祝いができるだろう。楽しんで!

この投稿はハンターさんの母親によるもの。恩人に感謝するためにFacebookへ手紙をアップしたところ、あれよあれよと大拡散!本人を特定できちゃいました。送り主は、ブラウンさんという男性。

彼は、財布の中に入っていた身分証明証を見て、Facebookで検索。持ち主を特定しました。そのとき、20歳の若者にとっては決して少なくない金額だ、と思ったそう。ちゃんと本人の手に渡ったかどうか確認するために、航空会社へは届けず郵送することにした、と「Yahoo Lifestyle」にコメントしました。

ハンターさんは、学生ローンや車などの支払いに間に合うタイミングで財布が戻ってきたため、「No way! No way!」と叫びながら有頂天になったそうです。

ほっとするお話ですね。

明日は休日なのでどこの山頂に行こうかな?

今週も1週間お疲れ様でした。

よい週末を✨