インフォメーション

2019.05.05 (Sun)  23:14

三条の湯テント泊

20190505_074015.jpg

5月4日5日を利用して、山仲間と三条の湯にテントを張り、雲取山と飛竜山に行って来ました‼

お祭バス停から、車で行ける最終地点「片倉橋」というポイントまで向かう。朝5時に家を出たのですが、結構遠い丹波山。7時前に到着しましたが、駐車場と呼べるのか?と思われる駐車場は満車、路肩もいっぱいで、駐車スペースを見つけて停めた者勝ち的な場所。登山者半分で釣り客半分くらいの割合です。片倉橋迄ならタクシーでも行けるそうです。片倉橋から三条の湯へ林道を2時間30分...同じ林道を釣り人が川を覗きこみながら何名か歩いてました。三条の湯に到着し受付、テント場のトイレはまだ使え無いので、小屋のトイレを(チップ式)使ってくださいとのこと。テント場から結構な登りを歩きます。トイレ行くにも大変です...テント利用、一人600円お風呂300円です‼お風呂は石鹸類は使用不可。テント場は一応15張。ですが、もう少し張れそうです。テントを設置して乾杯🍻

大親友のトントンは疲れたのでテント場でたらたらし楽しんでると言うので...私と仲間は山梨百名山の飛竜山『飛竜山(ひりゅうさん)は、埼玉県秩父市と山梨県北都留郡丹波山村との県境にある標高2,077mの山である。奥秩父の山域の主脈の一つ』重たい荷物を担ぎ歩いたからか、急登なのか、ペースがあがらず、バテバテ。休み休み進むと、遠くで雷の音がするので、三条の湯迄急いで下山、暫くすると雹が降りはじめ、雹は結構痛いです...下山すると三条の湯には次から次に登山者が雨宿り。空を見上げては、ため息...暫く降り続く雨。仕方ないので乾杯🍻。テントに戻るとトントンが爆睡しており、雨が降っているのも知らなかったみたいです...あんたやべーょ。

お風呂は多くの登山者が雨にうたれたので入り口から大にぎわい、一人出たら一人入る。脱衣場に入っても、同じで一人着替えたら一人脱ぐみたいな感じ。とにかく温まりたい、湯船は大人4、5人でいっぱいなので、ここも一人出たら一人入るのdeath

湯上がりの乾杯は格別、暗くなる前に夕飯のBBQ。野外でガンガン焼く肉は、こりゃたまらんdeath。酒がすすみます。缶ビール350が500円。日本酒(富山の酒)180が800円雨上がりなので、星空が綺麗でした。

当初翌日は雲取山に行く予定でしたが、もう一度飛竜山に登ることに、5時に向かい、景色の良い分岐(北天のタル)で朝ごはん。分岐(北天のタル)から飛竜山、山頂に向かい無事登頂。飛竜の山頂は相変わらず景色がなくどこか寂しげ。下山して帰り支度、テント撤収し駐車場迄の林道を約6キロ歩きます。今シーズン初のテント泊にしては良かった‼次回への課題もわかったしね‼

三条の湯迄危険箇所がなく、林道を頑張って歩けばたどり着きます。テントを張り温泉に入れるので、是非一度行ってみてください。

仲間と過ごした、楽しい連休でした。

『三条の湯より飛竜方面に登り2つ目の水場から北天のタルに行く登山道が結構壊れていたので歩行に注意してください』

IMG_0573.jpg