インフォメーション

2019.05.07 (Tue)  23:40

和食

連休明けから、株式市場は、米中貿易交渉の行方をめぐる懸念を背景に日経平均株価が大幅に続落し、世界経済の先行き不透明...企業業績も悪化しており、世界経済が景気減速感が強まっているみたいです...景気回復している実感ないだけに、景気減速のニュースはイヤですね。

連休は如何お過ごしでしょうか?お天気もイマイチでしたが、富士五湖の本栖湖、西湖のキャンプ場は賑わっていました。

海外旅行に行かれたお客様が、現地の方々普通にキッコーマン醤油を使って調理していたと...「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されてから5年余り。海外で広がる和食ブームを追い風に、日本の食品メーカーの海外売上高比率がジワジワ上昇している。例えば、しょうゆトップのキッコーマンの海外売上高比率は、2003年3月期の22%から徐々に高まり、直近(2018年3月期)では59%と、5割を突破している。利益ベースでは、連結営業利益の71%を海外で稼ぐほど、その存在感を強めている。海外進出した初期には、和食になじみのない人々に対し、しょうゆをいかに広げたらいいか、手を焼いたらしい。そのとき使ったのがにおいだ。しょうゆとみりん、酒を混ぜた照り焼きソースに肉を漬け込み、肉をスーパーの店頭で焼いた。肉の焼ける香ばしいにおいが人々の食欲を刺激。しょうゆの普及を進めたという逸話が残っている。素晴らしいですね。

これからの季節、野外で食事する機会が増えると思います、是非いろんな調味料を使って、調理してみてください。新しい味の発見に出会えると思います。

連休明けですが、仕事モードに切り替えて1日1日大切に過ごしましょう✨