インフォメーション

2019.04.12 (Fri)  10:45

栃木県産牛

まわりの山々が真っ白!雪が降ったから、朝晩寒いですね。昨日灯油を買っちゃいました。暫く夜は暖房が必要ですね。今日は東京の肉屋からA3ですが、栃木県産、牛を仕入れました‼お肉屋さん、若旦那のオススメ。今夜は焼き肉で、一人前、100㌘ 950円(税抜)です。

年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。

「親も人間なんだ」と実感する

子どものころ、親は自分にとって何でもできるスーパーヒーローのような存在だった。何を言っても傷つかないと思っていたし、かなり失礼な言動もしていたかも…。でも、両親も人間。悩んだり傷ついたりしながら成長してきた、あなたと同じ人間。それがわかってくると、両親との付き合い方も変わってくる。尊敬する存在だということに変わりはなくても、少しは思いやりを持って優しく接することができるようになるはず。

親は良き友人になる

親に依存している間は、まるで学校の先生のような権威的な存在。そして若いうちは、そういう権威的な存在に自分の価値を証明することに必死になってしまう。認めてもらいたくて、褒めてもらいたくて、本当はしたくないことでも喜んでしてたこともあった。子どもにとって親は、やっぱり絶対的な存在。でも、30代になって経済的にも精神的にも自立すると、そうやって親に認められることは重要ではなくなってくる。自分に自信を持って、自分の思うように人生を選べるようになったから。

両親にアドバイスをもらったり、悩みを相談することはあっても、その意見を「人生の先輩」からの意見として、素直に聞くことができるようになるんじゃないかな。

繰り返しが効かない人生だからこそ、1日1日を大切に過ごしましょう✨