インフォメーション

2018.09.01 (Sat)  09:21

9月!!

今日から9月です(*^^*)食欲の秋で山々が紅葉しはじめて来ますね🎵今月はどの山登ろうかな?...トマト🍅最近では色んな品種のトマトを目にします。毎日トマトを食べるとお肌や血行に良いそうです‼とくに、晩酌される方は『つまみにトマトと玉ねぎスライス』をセットで食べると良いそうですょ。トマト一つ、だいたいジュースと同じ価格なので、続けて食べれるかな?...今宵はは水で冷やしたトマトで晩酌🍺タイム

睡眠不足は厳禁でも、寝過ぎるのも危険!

そうなると、一体どのくらい睡眠を取れば十分なのかが気になるところ。多くの科学者達が言う理想の睡眠時間は7〜8時間。統計によれば、睡眠時間が7時間未満の人々は、心臓病や肥満、糖尿病のリスクが高まり、その他の病気も含めた死亡リスクは12%高くなったそうです。しかし、ここでもう1つ驚きの事実としてあるのは、長時間睡眠を取る人々についても同様に心臓病や肥満、糖尿病のリスクが高まり、死亡リスクが30%増したこと。つまり、寝過ぎもよくないのです。

必要な睡眠時間には、遺伝的な要因も関係しているようです。6時間睡眠でも平気な人というのは、遺伝子に特定の変異があることがわかっています。ある実験では、その遺伝子に似せてマウスの遺伝子を組み替えたところ、1.2時間も長く起きていられるようになったといいます。結果、同様の遺伝子を持つ人は、生物学的に効率のいい睡眠をとっていることがわかりました。

結局のところ、最適な睡眠時間は自分の体に判断してもらうしかないというわけ。万人に合わせた規格は存在しません。結論として、なんともざっくりしてしまいますが、眠たい時は寝るというのが一番のようです。

あなたはいつも何時間寝ていますか?もしも、毎日継続的にちょっとだけ無理をして頑張っているというのであれば、気づかないうちにとてつもなく能率の悪い状態で日々を過ごしている可能性があります。

眠いと思ったら寝る。と聞くと、そんな自由な暮らしなかなかできないよ…とも思ってしまいますが、もし改善することができれば、それこそ無視できないくらいの劇的な変化が望めるかもしれません。

9月も1日1日大切に過ごしましょう✨