インフォメーション

2019.05.23 (Thu)  10:21

ホッケ

いよいよ、サンシェードが必要な季節到来ですね。窓や車に...とくに車!!車内の日焼けを防ぎたいのと車内の温度も防ぎたいですね。先日水産庁は、ホッケの資源管理を強化するために漁獲枠の導入を検討すると明らかにした。その他、スケトウダラ、マサバ、ゴマサバの3魚種の資源管理も強化する方針とのこと。昔はサバの水煮缶と言えば低価格で庶民見方でしたが、健康食品としてメディアなどで取り上げられ、流行り今では値段も値上がりし、いつの間にか品不足状態です...ついにホッケも漁獲枠(資源保護の為)か...今でも高値のホッケが、更なる高値になること間違いないなぁ~...お酒のつまみ最高なのに、ホッケの塩焼きも見納めの日が来るね...

ハッピーな人...一日中、SNSはしない

SNSに費やす時間がたっぷりあると、やめ方がわからなくなる。ハッピーな人はSNSに対して反対ではないけど、何時間もそれに費やしはしない。ハッピーな人は、読書をしたり、ハイキングをしたり、電池やコードを必要としない時間にあてる。

ネガティブから遠ざかる

ネガティブな人、ネガティブな会話、ネガティブな状況…。それを遠ざけることができるのが、ハッピーな人。ネガティブさは伝染して、いつの間にかマイナス思考の自分になってしまう。どんなにスタミナがある人だって、ネガティブさには堪えられないから。

ハッピーな人はそういうささやかな幸せをプライスレスと感じて、大事にする。 

人生に感謝する

ハッピーな人は、「生きてる」「息をしてる」という意識を常に持っている。同時に、感謝することを心がけている。そして、心臓が動いてることさえも、あたり前だとは考えていない。得筆すべきは、いつも幸福と幸運を感じずにはいられないということ。

望んだものをすべて持ってるわけではないけど、人生そのもので、生きるため、あるいは、スタートをきれるためのものは持っている。

もし、あなたがハッピーな人を見かけた際は、その人が毎日どうやって、その笑顔を保っているのかについて考察してみましょう。

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2019.05.22 (Wed)  10:53

バラまつり

今日は朝から良い天気です。とにかく暑いみたい‼富士川クラフトパークでは『バラまつり』が開催されていて、バラが見頃を迎えております。今週末はお天気も良いので是非お出掛けしてみてください

同じ仕事をしているはずなのに、なぜか結果に差が出る。こういうとき、意識していないつもりでも、どこかで他人を妬んでしまうのはどうしてでしょう。「自分の置かれている状況をきちんと認め、つねに自分と向き合うことが重要」。

相手の行動が理解できない時は、誰でもモヤモヤした気持ちを抱くでしょう。だから、あの人とは合わない、と友だちにグチってしまう。その理由を聞かれても具体的に説明できないことも。心の底では、その人をうらやましく思っているのかもしれません。醜いものであり、行き過ぎると他人を傷つけてしまうのが嫉妬心。

「もしこの負の感情を認めることで、プラスにできたとしたら?」...

プライドを捨てて自分の嫉妬心を認める

まず第一のステップは、自分の感情を認識すること。誰かにジェラシーを抱いていると認めることは、なかなか難しいかもしれません。でも、精神的に成長する、という意味で練習してみてはいかがでしょう。

もし、それが嫉妬なら、自分に素直になれたし、マイナス面を知れたということになります。

何を妬んでいるのか明確にする

例えば、嫌いな人がいても、その人の全てが気にくわないということは少ないと思います。広い家に住んでいることや自分より早く昇進をしたことを妬んでしまうかもしれません。でも、好きな洋服やブランドは同じ、なんてこともあります。

無理に好きになる必要はないけれど、何を受け入れられて、何に対してうらやましいと思うのかを、知ってみるのは悪いことではありません。

他人のことを考えずに自分のことに集中する

自分が何をしたいのかを考えましょう。やりたいことをノートに書くだけでも十分。大きな野望である必要はありません。

もし、あなたが小説を書いてみたいなら、通勤の時間に書いてみましょう。隙間時間に、ケータイでメモを取るだけでも構いません。

好きなことをやる時間をできるだけ多く作りましょう。やるべきことがあれば、他人にそこまで意識がいかないはずです。

思い切って相談して自分を成長させる

なぜヤキモチをやくのかが分からないなら、友だちに相談して、アドバイスをもらうと参考になるかもしれません。最初は恥ずかしいかもしれないけれど、話しているうちに自分の思いも明確になっていきます。「成長するためのアドバイスを聞かせて」と正直に言ってみるとスムーズに進みますよ。

続ければ、オープンで柔軟に考えられるようになるし、過去の自分と向き合うこともできるように。

マイナス感情を克服するための綿密なプランを立てる。

目的を決めたら、何を克服するのか、何をしなければいけないのかを考えましょう。できることなら、いつまでに目標を達成するのかも決めましょう。そうすれば、嫉妬の感情とも上手く付き合うことができます。

このことは誰でもできることです。慣れてしまえば、わざわざ手間をかける必要も無くなります。そうなったら、あとはやるだけですよ。

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2019.05.21 (Tue)  09:55

「上から目線」の扱い方

雨が激しく降っております。雨も降るときはドカッと降り、記録的な豪雨に発展し土砂災害や自然災害をもたらすから始末が悪い!海も大時化で魚市場もどことなく活気がない。

「上から目線」の扱い方

簡単にキレてしまわないために、我々がすべきことを初歩の初歩から教えてくれるのがまさに本書。「近頃の若者はようわからん」と思ってたところへ、「人が上から目線に過敏になるのは、自信のなさと承認欲求の欠乏から来る“見下され不安”によるものなんですよ」などと解説をされると、「なるほど、そうだったのか」と、ついヒザを打ってしまいたくもなるものです。とはいえ、それに対するもっとも効果的な手段が「相手の話をしっかり聴くこと」(文中では「傾聴力」と表現)というのは、いささか当たり前にすぎるような気もします。

・相手の話を真剣に聴く

・一方的にしゃべらない

・自分のことばかり話さない

・相手に関心をもつ

・押しつけがましいことは言わない

・相手の気持ちに共感する

・話しにくいことをしつこく訊かない

・適度に話を切り上げることができる

…と、対話上手な人の特徴をわざわざ列挙して、「なかでも“押しつけがましいことは言わない”がいちばん大事ですよ」などと言われると、それこそ「上から目線」で「んなことわかっとるわっ!」となってしまうのは、おそらく読み手であるこちらの心が無意識のうちに荒みきってしまっているからに違いありません。

ともあれ、肝心要(かんじんかめ)は、何事も真っ正面から受け止めようとせずに、ときに受け流すスキルも覚えること。「初めまして」からいきなり相手の心のトビラをこじ開けるのが仕事でもあるライターの端くれとしては、本書に書かれているようなタイプ別の対処法を実践するより、四の五の言わずに場数を踏むほうが絶対鍛えられますよ、ということだけは「上から目線」で断言したいと思います。

ちなみに、著者が本書内で紹介している社会心理学者の研究によれば、精神的に健康な人は「自分のことを実際以上に肯定的にとらえる幻想をもち、なんとかなるさと楽観的に構える傾向がある」とのこと。それを名づけて「ポジティブ・イリュージョン」と呼ぶそうです。

ポジティブ・イリュージョン。

なんだか響きからしてバカっぽくて、いろいろどうでもよくなる素敵な言葉のように思うのですが、みなさんはどうですか?(笑)

今日は雨降りですが、大切に過ごしましょう✨

2019.05.20 (Mon)  09:31

上から目線

今週のお天気はどうかな?箱根山の噴火警戒レベルを「2(火口周辺規制)」へ引き上げ。想定火口域には大涌谷の周辺も含まれていて、大涌谷への立ち入りは規制されたそうです。あまり気にしていなかったけど、最近地震情報が多く感じます。いつ災害が起きるかわからないから、いろいろ備えておきましょう。

誰しもがきっと思い当たる厄介な人たちへの対処法を説く『「上から目線」の扱い方』人より優位に立って安心したい…「1億総不安社会」を生き抜くために、いまやすっかり日常語のひとつになった「上から目線」。なにかにつけて優劣をつけたがる世間の風潮もあってか、近頃ではマウンティングなんて言葉もしばしば耳目にするようになりました。そんな厄介な代物である「上から目線」が起こるメカニズムを解説しながら、具体的な対処法をレクチャーしてくれるハウツー本。

著者である心理学者・榎本博明氏の本書から

・他人に批判されると、それが当たっていてもいなくても無性に腹が立つ

・人からバカにされたくないという思いが強い

・何かにつけて不満に思うことがある

・何をやってもうまくいかないと思うことがある

・人と自分をすぐ比較してしまう

・仕事がイヤでたまらないことがある

・人からどう思われているかがとても気になる

…といった著者の挙げる「上から目線に過敏な人」の特徴に思い当たるフシが複数ある、という人は、きっと少なくないでしょう。たしかに、よかれと思ってしたアドバイスや注意が、それを言われた人から「上から目線」と受けとられてしまうなんてのは往々にして起こり得ること。その反対に、上司や先輩からお説教をされて「なにを偉そうに!」と反発心を覚えることだって、人間だもの、一度や二度はありますよね。『続きは明日』

今週も1週間1日1日大切に過ごしましょう✨

2019.05.19 (Sun)  23:07

三方分山とパノラマ台

富士山の雪が結構とけましたね。ほとんどの休日は山頂にいますので、先日トントンと富士山を眺めながらBBQと明太子パスタランチをしに精進湖パノラマ台へ。自治会の草むしりを終わらせて、精進湖に向かい、9時30分...遅い入山なのでちょっと急ぎました。山梨百名山の三方分山に登って、三方分山からパノラマ台へ向かいます。精進湖県営駐車場に車を停めて、湖畔沿いを歩き、かどやと言う釣具店と食堂を営んでいるお店から三方分山山頂を目指します。パノラマ台迄、ぐるっと回って約8㌔、三方分山山頂は眺めがよく、精進湖と富士山がいいです。長野県のお土産屋で購入した、わさび入り椎茸茶で休憩、中々美味しいです。三方分山からパノラマ台へ向かいます!三方分山から精進峠迄下り、精進峠から2つ程の山を経て最後に登りきるとパノラマ台に到着します。時刻も1時を過ぎていたのでパノラマ台は貸切状態、焼き肉を焼き、ウインナーとパスタを茹で、パスタに生の明太子を絡めて出来上がり。パノラマ台からの富士山は残念ながら雲の中!精進湖に西湖、本栖湖がよく見れます。風は強いけど、日当たりもよく楽しめました。パノラマ台を満喫し15時30分に精進湖県営駐車場に到着。立ち寄り湯『かみくの湯』に寄り我が家に到着し、サクサクと作ったつまみで乾杯。

デートコースとして💑パノラマ台のみ登るのも良いですょ~。お水、行動食は持って行きましょう、歩きやすい靴と折り畳み式傘も忘れずにね

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...