インフォメーション

2020.07.06 (Mon)  23:39

選挙

選挙

都知事選挙!現職の小池さんが歴代2位の約366万票を獲得し、再選を決めました。えっ?って思うのは、「NHKから国民を守る党」党首で「ホリエモン新党」代表の立花孝志氏は風変わりな選挙活動を展開した。3日からは北海道に滞在し、他の候補者たちが最後の訴えに終われた4日と投開票日の5日は、ニセコで開かれているアドベンチャーレースに参加しているという。「ホリエモン新党」を結成して都知事選への立候補を表明したが、「当選するつもりはない」と宣言…。えっ?…

現在の日本の選挙というものは未熟で、個人の政策や人柄うんぬんよりも有名度やどの政党が公認や推薦、支持しているかで、勝敗が大方決着する。一人の人間が選挙で立候補するにあたり、人件費もろもろの費用が税金で賄われているそうです。当選が難しくとも、継続的に自身の政策を街頭活動などで訴え続けている候補者には、それなりの支援者が存在する。金もうけのために自身の知名度や信用を得たいなどという、利己的な理由で立候補するのはもってのほか!最近はユーチューバーなどの動画配信者が300万円の供託金という「投資」を行い、その数倍にもなる視聴料を稼ぐために選挙を利用しているという話も聞く。そのため話題性だけで立候補する候補者…なんだろね。悲しいね。

今週も一週間大切に過ごしましょう✨

2020.07.02 (Thu)  23:48

山

富士山に次いで、北岳も…か…南アルプスの北岳への入り口となる山梨の県道と林道、更にその先の登山道も含め7月23日から利用を禁止することが決まりました。残念ですが、今年は仕方ない…ただ、その関連で働き生活している方々が心配です。業績悪化を理由に普通に解雇しますしね、この先ほんとに不透明だ。

富士山(ふじさん)に、浅間山(あさまやま) 「山」の呼び方が違うのはなぜ?富士山は「ふじさん」と呼ぶのに、アルペンルートの美しさで有名な立山は「たてやま」、福島・会津の磐梯山は「ばんだいさん」で、活火山で知られる浅間山は「あさまやま」です。この「~さん」と「~やま」、どういうルールで呼び分けられているのでしょうか。日本には昔から、山を神聖なものとして信仰の対象とする山岳信仰があります。山は修験道(しゅげんどう)の修行の場として崇拝(すうはい)されてきましたが、すべての山が信仰の対象となったわけではありません。このことから、信仰の対象となった山は「~さん」、信仰の対象とならなかった山は「~やま」と呼ぶという説があります。確かに日本仏教のおもな宗派の総本山は、「比叡山(ひえいざん)延暦寺」や、「高野山(こうやさん)金剛峯寺」など「~さん」と呼びます。このことも、この説を裏付けていると言えます。ただし、例外もあります。浅間山は「あさまやま」と呼びますが、古くから山岳信仰の対象でした。立山も「たてやま」と呼びますが、じつは「日本三霊山」の一つとして信仰を集めてきました。古くから「~やま」と呼び習わされてきた山は、山岳信仰の対象であっても「~さん」とは呼ばないようです。ところで、日本で富士山に次いで高い山の名前をご存じですか。標高3193メートル、山梨県南アルプス市の「北岳」で、「きただけ」と読みます。どのような山を「~だけ」と呼ぶのかは、明確な決まりはありません。山々が連なる連峰の中の一つの山を呼ぶときや、標高が高く険しい山を「~だけ」「~たけ」と呼ぶことが多いようです。他にも日本語には、「~山」と書いて「~せん」「~ざん」、「~嶽」と書いて「~だけ」「~たけ」など、さまざまな呼び方があります。

市場に行くとき目にしていた「グランパーク東宝8」がいよいよ跡形も少なく、少しずつ更地になって行きます。跡地はなにになるのかな?…

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2020.07.01 (Wed)  23:14

日銀短観

日銀が短観を発表…リーマンショック直後を既に下回る大不況に突入したみたい…日銀は短観とは(全国企業短期経済観測調査)を3カ月に1度発表(4月、7月、10月、12月)業況が「良い」か「悪い」か企業にアンケートをとってまとめるだけの単純な指数なのですが、日本の景気をかなり的確に反映していることが過去の検証でわかっており、海外の投資家やエコノミストらの信頼度・注目度も非常に高いです。

リーマンショックが発生したのが2008年秋。

それを受けての2009年1月発表の日銀短観(大企業製造業)の数値がマイナス24でした。(直前期から21ポイントダウン、2期前から29ポイントダウン)。2020年7月に発表された同数値はマイナス34、つまり、リーマンショック直後の数値を下回っています。

今回、直前期から26ポイントダウン、2期前から34ポイントダウン。悪化のスピード・度合も…リーマンショック当時を超える勢いで急速に悪化していることがわかります。非常に、まずいね…

把握できないのは連鎖的経済の影響で「ウイルスより怖いのは人々の恐怖心」「最悪の最悪」パンデミックで世界中予測不可能なことが起きる可能性があり、経済の悪化が人々の恐怖を呼び起こし、悪い方向へ事態を向かわせることを最悪のシナリオとしており、それを語れば人々がそのような行動をとる可能性を高めてしまう、ということでしょう。

今月も1日1日大切に過ごしましょう✨

2020.06.30 (Tue)  23:23

マイナポイント

マイナポイント

6月も終わりですね。キャッシュレス決済のポイント還元が6月末で終了するのに伴い、消費喚起をねらった新たな一大官製キャンペーン「マイナポイント」が始動する。この「マイナポイント」は、マイナンバーカードを活用してのキャッシュレス決済での買い物やチャージで、25%という還元率が設定され、最大5000円分のポイントが付与されるというものだ。9月から2021年3月末までの実施だが、申し込みは7月にスタートする。予算には4,000万人分が計上されているが、総務省は、最近のマイナンバーカード申請件数の増加などをふまえ、年内にも予算枠がなくなる可能性があるとしている。このため、早めの準備を呼びかけるとともに、申し込みが始まる7月1日から1週間程度の午前中は、カード受け取りなどのため、自治体窓口の混雑が想定されるとして、分散して来庁することなどを求めている…なんとなく無理矢理な政策。破れかぶれとしか思えないが…マイナンバーカード取得している方にはラッキーな政策ですね。みんながもらえる政策なら良いのにね。

今日も1日大切過ごしましょう✨

2020.06.29 (Mon)  23:25

キャッシュレス

キャッシュレス

キャッシュレス決済のポイント還元が明日で終了します、消費の下支えを狙った事業だが、増税後に個人消費は低迷し、新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけ事業者はお手上げ。来月からキャッシュレス決済時に決済業者に支払う手数料率の引き上げを懸念。コロナの影響でただでさえ売り上げが減っている。商品は利益が少なく、手数料負担は大きい…です。これから、どうなるのかな…

来月5日に投開票が行われる都議補選(北区)に「ホリエモン新党公認」?の候補者が、布マスクをブラジャーに見立てた選挙ポスターを作成。選挙ポスターとは思えない露出度の高い”アベノマスクブラ“ポスターに、賛否両論の声があがっています。候補者は取材に対し「ちょっと過激なポスターになっています」と認めたうえで、「選挙ポスターを見てほしい、選挙について知ってほしい」という思いが込められていると説明。さらに一番のポイントとして「コロナ対策でたくさんのお金を使って、こんなマスク配るだけでいいの?という政権に対する批判、政治的な皮肉を込めて、体を張ってやっています」と強調していましたが…

ん?待てよ?!えっ?ホリエモン新党ってナニ?『ホリエモン新党(ホリエモンしんとう)は、日本の政治団体である。党名やポスターにホリエモン(堀江貴文さん)を起用しているが一切関係がなく本人に許可もとっていない。2020年5月25日に発足。代表者は立花孝志氏』らしいです。えっ?ほんとに?ですね…

選挙もある意味候補者の就職活動。まじまじ候補者の選挙ポスター見ると、どれも作った笑顔がウソ臭くて、ね。お決まりのキャッチフレーズ掲げ、当選したら忘れる公約。任期が近付き次の選挙の為に市民「町民」に耳を傾け寄り添うフリ。議員も65歳定年し、次世代にその椅子託して欲しいなぁ~人口減っているだから…。

みなさんはどう思いますか?ほんとに…

今週も一週間大切に過ごしましょう✨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...