インフォメーション

2018.07.09 (Mon)  10:44

はがつを

西日本の災害凄すぎですね...いつ災害が訪れるか、備えていても中々大変見たいです。今日は魚屋とびさんから、『はがつを』を仕入ました。数年に一度使うかどうか?です。とびさんのオススメなので、今宵の晩酌が楽しみです

大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、大人になったからといって単純に幸せになるとは限らないようです。どうやら1970年代前半までは大人のほうがより幸せを感じていたそうです。が、徐々に社会性が失われ個人主義になっていったことが孤独感に影響したり、モノが増えたことで反対に喪失感を味わう機会も増加。結果として鬱や不安を感じる人も急増することに。特に孤独感に関しては、2014年の結婚率が史上最低だったことが人間関係の希薄化を表す要素としても象徴的。結婚が幸福なことであるという認識自体が薄れていることも影響しているのだとか。近年では30歳以上の人々の幸福度は若い世代に比べて低い傾向にあったそうです。大人になるに連れて悩みの種が増えていってしまうのは事実としてありそうですが、なんだか先行きが不安になる話でもあります。

今週も一週間大切に過ごしましょう✨

2018.07.06 (Fri)  10:59

梅雨見たい

今日も引き続き大雨注意報が出ております‼今日、明日イベント開催するので、運転気を付けてください。梅雨明けしてから、梅雨見たいなお天気が続き、ちょっとうんざり。雨降りなのに蒸し暑いし、週末はお天気悪い見たいなので、ストレスがたまりますね。

ポジティブな元気を持つ

引力の法則を知ってますか?古びた考えと思われるかもしれませんが、自分が放つエネルギーは、自分が受けるエネルギーであると私は思います。ポジティブなエネルギーは考え方。自信を持つためには、生きたエネルギーを感じることが大事だそうです。

「人は喜びを表現すれば、そのエネルギーは相手に伝わり、自信みなぎる人に映ります。そして、気持ち的にも自信を持てるようになります」

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2018.07.05 (Thu)  10:02

関東と関西

 大雨注意予報が出ております‼車の運転には気を付けましょう。このようなお天気なので魚も保々全滅..ですが、駿河湾産の地タコを仕入ました。丁度良い塩加減でとても美味しい(*^^*)今宵はタコぶつで晩酌🍺タイム

お店の近くのホテルオーナーが関西地方の方で、その繋がりからか関西地方のお客様がご来店致します、関西と関東の違いで盛り上がるのですが、お正月に欠かせない「お雑煮」だって別物みたいです‼

関東と関西では見た目も味もまったく違って、まるで別の料理のよう。関東では四角い切り餅を焼いてから、しょうゆ味のスープで煮るのが一般的。一方関西では、丸餅を焼かずに味噌味で煮て食べます。味噌は白みそを使用することが多いようですね。こういった違いは江戸時代から見られ。「四角い切り餅の方が早くたくさん作れていいよね」という合理的な江戸文化と、「でも丸餅の方が縁起がいいやん(「円満」のイメージから)」という感覚重視の上方文化が現れていますね。関西の人と結婚した関東の人、またはその反対のケースでも、初めて年末年始にお互いの実家に帰ってお雑煮を出されたとき、そのあまりの違いに絶句するのだとか。縁起ものだし食べないのは失礼、でも異質すぎて箸が進まない・・・という苦しい経験の話を聞くと、関東と関西の食文化の違い、ここに極まれり、といった感があります。

関東で生まれ育った人、関西で生まれ育った人はそれぞれ、日常的にお互いの食文化の違いを実感することは少ないのではないでしょうか。でもお互いの地域に旅行した際にちょっと気にかけてみたり、同僚などで出身地が自分と違う人の話を聞いてみると、きっと面白い経験ができるでしょう。

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2018.07.04 (Wed)  10:42

夏野菜

今日も蒸し暑い1日になりそうです。夏野菜がスーパーなどの店頭に並べられてるのを目にします。夏野菜と言えば、胡瓜に茄子、とても料理しやすい食材です。お客様に聞いたのですが、胡瓜は朝よりも夕方収穫する胡瓜のほうが格別に美味しいそうです。日中の水分を胡瓜全体で含むからですと...食材一つに色々な説がありますように、関東と関西では、身近な食べ物の形が違います。まずは「おにぎり」。関東ではコンビニなどで見かける三角形が主流です。三角おにぎりは現在全国的に見られますが、関西では元々「俵むすび」と言って、俵型に握った「おむすび」が主流でした。

これは江戸時代、武士の移動に便利な三角形のおにぎりが重宝された江戸に対して、上方と呼ばれていた関西では、商人の観劇や行楽などの際、弁当に収まりやすい俵型が好まれたためと言われています。現在でも、スーパーなどのお弁当で関東では平たく白ご飯が盛られているのに対して、関西では俵型に区切った形にしているのを見かけます。注意して見てみると面白いですよ。反対にいなり寿司の形は、関東では俵型、関西では三角形になります。また、関西ではお揚げの中に五目ちらし寿司を詰めることがあります。

関西地方に行ったら是非気にして見て下さい

今日も1日大切に過ごしましょう✨

 

2018.07.03 (Tue)  09:31

いい試合でした

サッカー日本代表いい試合でしたね。心から拍手を送りたいです(*^^*)睡眠不足だと熱中症になりやすいので、しっかり水分して、今夜はぐっすり眠りましょう!

関西人の誇り“粉モン文化“!関西食文化の代名詞と言えば、お好み焼き、たこ焼きに代表される、いわゆる「粉モン」。これらはスナックとしてだけではなく、普通に食事として一家の食卓に上ります。しかも粉モンと一緒に白ご飯を食べてしまうという炭水化物三昧。うどんも関西の粉モン文化の一端を担っています。関東でももちろんうどんは食べられますが、関東ではどちらかというとそばの専門店が多いですよね。関西では逆にそば専門店は少なく、うどんの有名店が多いようです。うどんの麺の食感も、関東では柔らかくすぐに噛み切れるのに対して、関西では讃岐うどんに代表されるように、コシがしっかりしている麺が人気です。

卵焼きが甘い関東、しょっぱい関西卵焼きでも違いが。もうひとつ大きなところでは、お弁当に入っている卵焼きの味。関東、関西それぞれの駅弁や仕出し弁当などを食べて、「あれ?」と思ったことがある人も多いのでは?関東の卵焼きは砂糖が入った甘いものが主流。反対に関西の卵焼きは、ダシが利いていてしょっぱいのが基本です。関西の人からすると、「甘い卵焼きなんてお弁当のおかずとしてありえへん!」 らしいのですが、関東の人は「それが箸休めになっていい」のだとか。

今宵もゆっくり晩酌し、夏バテしないように、しっかり睡眠とりましょう✨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...