インフォメーション

2018.07.05 (Thu)  10:02

関東と関西

 大雨注意予報が出ております‼車の運転には気を付けましょう。このようなお天気なので魚も保々全滅..ですが、駿河湾産の地タコを仕入ました。丁度良い塩加減でとても美味しい(*^^*)今宵はタコぶつで晩酌🍺タイム

お店の近くのホテルオーナーが関西地方の方で、その繋がりからか関西地方のお客様がご来店致します、関西と関東の違いで盛り上がるのですが、お正月に欠かせない「お雑煮」だって別物みたいです‼

関東と関西では見た目も味もまったく違って、まるで別の料理のよう。関東では四角い切り餅を焼いてから、しょうゆ味のスープで煮るのが一般的。一方関西では、丸餅を焼かずに味噌味で煮て食べます。味噌は白みそを使用することが多いようですね。こういった違いは江戸時代から見られ。「四角い切り餅の方が早くたくさん作れていいよね」という合理的な江戸文化と、「でも丸餅の方が縁起がいいやん(「円満」のイメージから)」という感覚重視の上方文化が現れていますね。関西の人と結婚した関東の人、またはその反対のケースでも、初めて年末年始にお互いの実家に帰ってお雑煮を出されたとき、そのあまりの違いに絶句するのだとか。縁起ものだし食べないのは失礼、でも異質すぎて箸が進まない・・・という苦しい経験の話を聞くと、関東と関西の食文化の違い、ここに極まれり、といった感があります。

関東で生まれ育った人、関西で生まれ育った人はそれぞれ、日常的にお互いの食文化の違いを実感することは少ないのではないでしょうか。でもお互いの地域に旅行した際にちょっと気にかけてみたり、同僚などで出身地が自分と違う人の話を聞いてみると、きっと面白い経験ができるでしょう。

今日も1日大切に過ごしましょう✨