インフォメーション

2018.07.04 (Wed)  10:42

夏野菜

今日も蒸し暑い1日になりそうです。夏野菜がスーパーなどの店頭に並べられてるのを目にします。夏野菜と言えば、胡瓜に茄子、とても料理しやすい食材です。お客様に聞いたのですが、胡瓜は朝よりも夕方収穫する胡瓜のほうが格別に美味しいそうです。日中の水分を胡瓜全体で含むからですと...食材一つに色々な説がありますように、関東と関西では、身近な食べ物の形が違います。まずは「おにぎり」。関東ではコンビニなどで見かける三角形が主流です。三角おにぎりは現在全国的に見られますが、関西では元々「俵むすび」と言って、俵型に握った「おむすび」が主流でした。

これは江戸時代、武士の移動に便利な三角形のおにぎりが重宝された江戸に対して、上方と呼ばれていた関西では、商人の観劇や行楽などの際、弁当に収まりやすい俵型が好まれたためと言われています。現在でも、スーパーなどのお弁当で関東では平たく白ご飯が盛られているのに対して、関西では俵型に区切った形にしているのを見かけます。注意して見てみると面白いですよ。反対にいなり寿司の形は、関東では俵型、関西では三角形になります。また、関西ではお揚げの中に五目ちらし寿司を詰めることがあります。

関西地方に行ったら是非気にして見て下さい

今日も1日大切に過ごしましょう✨