インフォメーション

2018.06.07 (Thu)  09:53

梅雨入り

昨日梅雨入りしましたね。気象庁も今‼梅雨入り発表しないと、言うチャンス逃す可能性があったのでしょう。とは言うものの雨は嫌ですね。今日は蓴菜(じゅんさい)を仕入ました。ジュンサイはスイレン科の水草の一種で、深さ80cm~1mほどの淡水の沼や池にせいそくし、ハスの葉と同じように水面に丸い葉を広げます、食用とされてきた歴史がありますが、今では環境の変化などでその姿はほとんど見られなくなり、東北地方や、中国をはじめとするアジア一帯から、オーストラリアなどの温帯域に分布しているとされています。そんなジュンサイですが、食用となるのは葉が開く前の蕾のような芽の部分芽と茎、花のつぼみを手作業で摘み取ったものです。秋田県では木舟を浮かべて「採り子」がジュンサイを収穫刷る風景が初夏の風物詩として有名です。一般的には水煮されたものが袋やビンに詰められて流通していますが、旬の時期には生のままパック詰めされたものも出回ります。梅雨の晴れ間に土佐酢でさっぱりツルッと!

この世界を生きていくには、他人と付き合っていく道は避けて通れません。でも、人付き合いを難儀に感じている人は、少なくないはず。他人の言動にイライラして、何もかも思い通りにいかない、と思ってしまうこと、ありますよね。

思うようにならないあの人の態度!

誰かと接するとき、自分勝手に振る舞われたり、横暴な態度を取られたり、冷たくされたりした経験はありませんか?どうして自分がそんな目に合わなければならないのだろう…と悲しくなったり、腹が立ったりしますよね。その人の行動を正そうと思って注意をしてみても、聞く耳を持ってもらえないことがしばしば。どうすれば、私たちは他人の行いを変えることができるのでしょうか?誰かを変えるための第一歩は、あなた自身が変わることです。誰かに対して優しい行為をすることで、その人の心は和やかになり、あなたにまた優しさを返してくれるかもしれません。親切であること。温厚であること。心が強くて理解力があること。私たちがつねに他人に求めていることを、自分自身に当てはめてみましょう。そうしたあなたの振る舞いは、きっと周りにも伝染していきます。近くに理想的な手本があることは、あなたが想像する以上に周りに良い影響を与えていくのです。

ガンジーは、こんな言葉を残しています。

「世界を変えたいのなら、自分自身が望むものに、あなた自身がなりなさい」

あなたの心の変化は、世界を変える力になるのです...

今日も1日大切に過ごしましょう✨