インフォメーション

2018.07.11 (Wed)  09:28

トマト

店頭で赤々と美味しそうなトマトを目にします。最近は高濃度トマトが人気みたいですが、露地栽培のトマトを食べると、うまい!な、って感じます。是非一度食べ比べてください。

最近しんどいなと感じるなら、いったん立ち止まり、身の回りにある小さなことに目を向けましょう。

散歩をしてからだをリフレッシュ。

気持ちのよい時間帯に、気持ちのよい道を選んで散歩します。そのとき、吐く息を長くするように意識しながら歩きます。からだは人生を目的地に運んでいってくれる車です。メンテナンスが行き届いた、燃費のいい車がいいように、からだもきちんと動けるように、日頃からメンテナンスしておきます。

着ない服を処分して、クローゼットをきれいに

クローゼットの中は着ない古い服でいっぱいです。とりあえずとっておくのはなぜでしょう?手放すのが不安だから。なんとなく。もったいなくて。捨てるのが面倒くさい。と、いろいろ理由は考えられますが

それは古い価値を、古い感情を古いルールを変えられないのと同じです。だからクローゼットはまるで服の墓場と化し、こころも改革の一歩が踏み出せないのです。

着ない古い服を手放し、古い自分を整理しましょう。

今日も1日大切に過ごし、小さなことからはじめましょう✨

 

2018.07.10 (Tue)  09:51

枝豆

また暑さが戻って来ました。枝豆を店頭で見かけるようになりました。枝豆に奴にビール🍺夏を楽しみましょう

かなり高い場所から落下するエレベーターの夢は、あなたが今トラブルを抱えていたとしても、自分自身でそのトラブルを乗り越えて、解決できることを意味しています。また、自分の能力に対して高すぎる理想や目標を抱いているため、理想と現実のギャップについていけない心の葛藤が表れている場合もあり、地に足がついた生活に変更すべきとの警告を促す意味を持つ場合もあります。

気分が良い感じが残る降下するエレベーターの夢は、あなたを取り巻く状況が安定していることを暗示していますので、心配する必要はありません。もし、なかなか物事が決まらなかったり、落ち着かない状況が続いている渦中の方であれば、その不安定な状況から脱却できる可能性があります。ただし、自分自身が落ち目だと感じているときには、非常に不安定な精神状態が、降下するエレベーターの夢として反映される場合もあります。

エレベーターが止まることなく降下し続ける夢は、深く悩み過ぎている心理状態の象徴ですので、少し気持ちを楽に持つようにするとよいでしょう。

また、自分でコントロールができない精神状態をも表していますので、意識して心を穏やかに保てるような工夫が必要です。

気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。ちょっとした朝の習慣を生活に取り入れて、ポジティブスイッチを入れましょう。

今日も1日大切に過ごしましょう

2018.07.09 (Mon)  10:44

はがつを

西日本の災害凄すぎですね...いつ災害が訪れるか、備えていても中々大変見たいです。今日は魚屋とびさんから、『はがつを』を仕入ました。数年に一度使うかどうか?です。とびさんのオススメなので、今宵の晩酌が楽しみです

大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、大人になったからといって単純に幸せになるとは限らないようです。どうやら1970年代前半までは大人のほうがより幸せを感じていたそうです。が、徐々に社会性が失われ個人主義になっていったことが孤独感に影響したり、モノが増えたことで反対に喪失感を味わう機会も増加。結果として鬱や不安を感じる人も急増することに。特に孤独感に関しては、2014年の結婚率が史上最低だったことが人間関係の希薄化を表す要素としても象徴的。結婚が幸福なことであるという認識自体が薄れていることも影響しているのだとか。近年では30歳以上の人々の幸福度は若い世代に比べて低い傾向にあったそうです。大人になるに連れて悩みの種が増えていってしまうのは事実としてありそうですが、なんだか先行きが不安になる話でもあります。

今週も一週間大切に過ごしましょう✨

2018.07.06 (Fri)  10:59

梅雨見たい

今日も引き続き大雨注意報が出ております‼今日、明日イベント開催するので、運転気を付けてください。梅雨明けしてから、梅雨見たいなお天気が続き、ちょっとうんざり。雨降りなのに蒸し暑いし、週末はお天気悪い見たいなので、ストレスがたまりますね。

ポジティブな元気を持つ

引力の法則を知ってますか?古びた考えと思われるかもしれませんが、自分が放つエネルギーは、自分が受けるエネルギーであると私は思います。ポジティブなエネルギーは考え方。自信を持つためには、生きたエネルギーを感じることが大事だそうです。

「人は喜びを表現すれば、そのエネルギーは相手に伝わり、自信みなぎる人に映ります。そして、気持ち的にも自信を持てるようになります」

今日も1日大切に過ごしましょう✨

2018.07.05 (Thu)  10:02

関東と関西

 大雨注意予報が出ております‼車の運転には気を付けましょう。このようなお天気なので魚も保々全滅..ですが、駿河湾産の地タコを仕入ました。丁度良い塩加減でとても美味しい(*^^*)今宵はタコぶつで晩酌🍺タイム

お店の近くのホテルオーナーが関西地方の方で、その繋がりからか関西地方のお客様がご来店致します、関西と関東の違いで盛り上がるのですが、お正月に欠かせない「お雑煮」だって別物みたいです‼

関東と関西では見た目も味もまったく違って、まるで別の料理のよう。関東では四角い切り餅を焼いてから、しょうゆ味のスープで煮るのが一般的。一方関西では、丸餅を焼かずに味噌味で煮て食べます。味噌は白みそを使用することが多いようですね。こういった違いは江戸時代から見られ。「四角い切り餅の方が早くたくさん作れていいよね」という合理的な江戸文化と、「でも丸餅の方が縁起がいいやん(「円満」のイメージから)」という感覚重視の上方文化が現れていますね。関西の人と結婚した関東の人、またはその反対のケースでも、初めて年末年始にお互いの実家に帰ってお雑煮を出されたとき、そのあまりの違いに絶句するのだとか。縁起ものだし食べないのは失礼、でも異質すぎて箸が進まない・・・という苦しい経験の話を聞くと、関東と関西の食文化の違い、ここに極まれり、といった感があります。

関東で生まれ育った人、関西で生まれ育った人はそれぞれ、日常的にお互いの食文化の違いを実感することは少ないのではないでしょうか。でもお互いの地域に旅行した際にちょっと気にかけてみたり、同僚などで出身地が自分と違う人の話を聞いてみると、きっと面白い経験ができるでしょう。

今日も1日大切に過ごしましょう✨

1 2 3