インフォメーション

2017.09.13 (Wed)  11:17

黒豆

今日は良い天気です(*^^*)しかし暑いなぁ~‼セミの泣き声かな?良く聞こえます。先日黒豆を炊いたのですが、いまいちだったので、もう一度挑戦。重曹を仕様しない場合の、黒豆の煮豆は、1:1:6で3~4時間炊くのが基本の煮方です。

1:1:6とは、黒豆:砂糖:水の割合(今回は黒豆250g:砂糖250g:水1500ccで弱火で炊きます)一度作れば覚えられます。

男の影を散らつかせすぎている

男性に限らず、好きな相手に対する独占欲は少なからず持ち合わせているものです。男の影があまりにちらつくと、特に恋愛に対してあまり積極的ではない男性の場合、自分は1番になれないと先に身を引いてしまう可能性がありますので、要注意です。

そんな状況を避けるためにも、気になる異性と一緒にいるときは、なるべく他の男性の話題は出さないように心掛けるのが鉄則です。また、あまりに男慣れしすぎているのもマイナスになる場合がありますので、ご注意ください。

こちらが相手探しに必死になっているということは、男性側も必死になっているということです。今回のケースはやや極端かもしれませんが、相手のせいにしすぎず、まずは自らを省みる姿勢が恋愛成就への近道でしょう

今日も1日大切に過ごしましょう✨

お待ちしております✨

2017.09.12 (Tue)  10:25

宗田カツヲ

今日は雨降りですが、蒸し暑いみたい…。朝取りの宗田カツヲを購入。そばつゆなどに使われる「そうだ節」の原料として高い需要がある。今日は鮮度が良いので、皮目をあぶり、氷水に落としてあら熱を取り、柑橘しょうゆをかけて軽くたたいて味を馴染ませ晩酌タイム

仕事モードから切り替えられていない

今でも多くの男性は家庭に入ってくれるような女性を好みます。もしあなたが仕事に忙殺されすぎていた場合、そもそも恋愛に興味がないと思われている可能性があります。気になる相手と一緒にいる時は、仕事モードから切り替えて一人の女性として接する努力をしましょう。また、仕事の話になった時も本気モードで応対するのではなく、相手の気持ちに同調する程度にとどめておくと良いでしょう。

今日も1日楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております✨

2017.09.11 (Mon)  11:02

長芋

今朝は涼しくて、そろそろ布団も冬ように…(>_<)長芋を購入。 ナガイモはやはりすりおろしてとろろにするのが最も一般的ではないでしょうか。麦とろごはんや蕎麦やそうめん、うどんなどの麺類と共にツルツルっと食べたり、マグロの刺身にかけたりします。後は、生のまま短冊切りやサイコロに切って。ナガイモのシャキシャキ、ネバネバの食感を活かし、サラダや酢の物、和え物などにします。 

途中までいい感じだったが、気がつくと友人の一人になってしまった経験はありませんか?そんな時は、自分の行動に問題があるかもしれません。案外よく見ていますので、日頃の行動から気をつけることが肝心です。

目をそらしてしまいがち

恋愛のみならず人間関係全般に言えることですが、人は目を合わせてくれない相手に対してはあまりいい感情を持ちません。ですので、3回に1回くらいのペースでも大丈夫ですので、相手の表情を見ながら会話しましょう。

直接目を見るのが苦手という方は、相手の眉間の間を見るようにすれば、視線が合っているように見えるのでおすすめです。

今週も一週間がんばりましょう✨

お待ちしております✨

2017.09.09 (Sat)  23:57

大切に

この人と一緒に歩いていく人生が楽しければ、それで」

これから何十年と続く長い結婚生活の中にはけんかをして、「顔も見たくない」と思うことがあるかもしれない。「どうしてこんな相手と結婚してしまったんだろう」と思うことがあるかもしれない。

そんな時は、結婚をあきらめていた自分がなぜ婚活をスタートさせたのか、何人のお相手の中からなぜ幸枝を選んだのか、思い出してほしい。

今週も一週間お疲れ様です

今日1日を大切に過ごしましょう✨

お待ちしております✨

2017.09.08 (Fri)  10:28

サゴシ

秋晴れですね(>_<)サゴシを購入。サワラの若魚「魚」偏に「春」と書く漢字はもっぱら瀬戸内海、関西で生まれたものだろう。この周辺では産卵のために瀬戸内に入る「春」がもっともサワラがとれる時期でもある。サワラは、和食の基本的な素材のひとつ。冠婚葬祭などの膳にもよく利用されている。焼き物、吸い物などなくてはならない存在といえそう。和食離れが進みつつあって、この基本的な素材という概念も薄れつつある。今宵はサゴシのお刺身で晩酌タイム

「結婚? 興味ないですよ。自分の周りで、“結婚して幸せ”って言っている夫婦がいないですから」30代、40代、50代の独身者がよく言う言葉だ。ことに男性からこの発言をよく聞く。もう言い尽くされているかもしれないが、結婚に興味がない理由は、だいたいこんなところだ。

コンビニでおひとり様用の食事が24時間いつでも調達でき、家事労働の負担を軽減できる家電も充実している今の時代。さらに、非正規雇用者が増え、正規雇用者であったとしても終身雇用や年功序列が成立しなくなってきている現代社会においては、家族という運命共同体をつくるよりも1人で生きていくほうが、気が楽だ、と。

加えて、成熟した社会ほど、個人の価値観や人権を大事にする。会社で上司が部下の男性に、“キミもそろそろ所帯を持ったらどうだ”と言えばパワハラになり、女性に“結婚しないのか?”と言えばセクハラになる。ひと昔前の“結婚してこそ一人前”という社会風潮はすでになくなり、個人が自らの人生を自由に選択できる時代になったからか…

今日1日楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております✨

1 2 3 4 5 6