インフォメーション

2017.07.27 (Thu)  18:10

王岳1623m

 

雲行きと相談しながら王岳登ります。御坂山塊の尾根上の顕著なピークといえば、東の節刀ヶ岳(せつちょうがたけ)と西の王岳であろう。王岳とは立派な名前である。西側の五湖山やパノラマ台から眺めると、後ろに節刀ヶ岳や鬼ヶ岳をはべらせて、まさに王者の風格を見せている、二等三角点の山である。らしいやはり7月!蒸し暑い日差しが痛い。西湖いやしの里駐車場から山歩きスタート。IMG_1637.jpgIMG_1638.jpgIMG_1639.jpg40分くらいつまらん林道を歩く、とにかくつまらん林道考え事するのには、まぁ良いかな?と林道を歩き、なだらかに標高があがります。林道の終点?IMG_1645.jpgIMG_1646.jpg付近に登山道入口があります。登山道に入ってからは若干勾配がきつくなります…(--;)やべーょ蒸し暑くて汗だく徐々に急登になります。ひたすら急登です(>_<)とにかくつまらん急登…(--;)山頂直下迄結構キツイ登りが続きます。尾根も細くて歩きにくいし登山者の歩いた形跡があまりない(>_<)
山頂直下で富士山を見ることが出来ると事前調査したのですが残念ながら雨雲が眼下に…(--;)ありゃまあ(>_<)登り始めの、お日様はいずこえ?!!
王岳山頂は正面に富士山、見下ろすと足和田山、西湖、樹海も見えるらしいが、残念な景色。西湖いやしの里駐車場も見ることが出来るらしいがガスってて、何も見えないちぃ(>_<)悔しいので山頂付近を彷徨くが景色どころか雲行きが、、、寂しい山頂で、本当は山頂で富士山を眺めながら吉田のうどん(カップ麺)でランチと思っていたのですが、小雨が降りだしてきて、やべーょ(-o-)おにぎり食べてそそくさ撤退!!IMG_1652.jpg
しばらく下山すると、雨が次第に強くなり散々です(>_<)
林道迄くると雨も小雨に、今度は気持ち悪いくらい蒸れます!なんて日だ!とそそくさ駐車場に到着。車で着替えて道の駅、鳴沢に行き、うどんで乾杯 頂上に「南無妙法蓮華経」の石碑がひっそりと建立されていたのが印象的
登り1時間40  下り1時間10
山梨百名山も65座制覇(⌒‐⌒) IMG_1653.jpg

 

2017.07.27 (Thu)  10:00

スイカの日

雨のお陰で早朝涼しくて快適。今日は「スイカの日」。スイカが夏の果物の「横綱」であることと、スイカの縞模様が「綱」のようであることから、「夏(7)の綱(27)」の語呂合わせに由来するいう。スイカは青果市場では果物に分類されるが、園芸分野では野菜に分類されるそのです

ちなみに、日本すいか割り協会によれば「スイカ割り」は遊びではなくスポーツであり「すいかと競技者の間の距離は9m15cm」などの公式ルールが存在するそうですょ

青空の下で豪快にスイカ食べたいね(*^^*)

ケンカしても素直に謝ってくれる事… 言い合うことで絆は深まるもの。あなたをちゃんと思いやってくれる人なら、言い合うことを恐れず、間違いは認め、謝ってくれるはず。誰かを心から愛したいのなら、プライドを捨てること。「愛とは謝らないこと」なんてどこかの映画で聞いたかもしれませんが、そんなのはウソです。関係が危なくなったら、相手の言い分をよく聞いてあげてください。第一に「悲しませない」ということを思い合えれば、次第に解決していくでしょう

「僕、私」が「僕たち、私たち」に替わった

僕たち(私たち)・僕ら(私ら)など、「ひとまとめ」にする代名詞を使い始めたら、あなたは相手の人生の一部になった証拠。ふたりでひとつ、ということですね

今日も1日楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております✨

 

2017.07.26 (Wed)  07:47

マアジ

お隣静岡県の由比産、鯵久しぶりに仕入れました(*^^*)鯵は北海道〜九州までの沿岸域で群れを作る。

アジ科には多数の食用魚があるが、その代表的なもの。単に「アジ」というとマアジのことだ。アジの語源は「味」にあり、「味がいい」からだとも。

産卵期が長いので日本各地で年間を通しておいしいものがとれる。ただしいちばんたくさんとれて、もっとも脂ののっているのは3月下旬〜8月まで。

たたきは、昭和40年代(1965-1975)に神奈川県の料理法を東京の料理店が店で出すようになって流行した料理法。これによってマアジの値段が高騰したとも…

なめろうは千葉県の呼び名。「みそたたき」という地域も多い。千葉県外房では酢に浸して食べる。今宵は鯵で晩酌タイム

イベントに参加して頂いた方が、御礼を言いに来店(*^^*)一人で登るか友人と登る事が多く、知らない人と登るなんて有り得んと思ってましたが、イベントで、同じ趣味で同じように、みんなで歩くのも楽しいですねと(*^^*)時には誰かの歩調に合わせて歩くの事も大切ですね

趣味は自分の人生を楽しく豊かにしてくれるものです。1つだけではなくたくさんの趣味をも持つことで、たくさんの楽しさを体感することもできます。趣味がない人生はつまらないと思えるほど、趣味に一度ハマってしまえば楽しむこともできるでしょう。ぜひ自分が心から楽しめる趣味を見つけて、人生をより楽しんでください

今日も1日楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております✨

山行こうかなぁ☺

2017.07.25 (Tue)  10:00

土用丑の日

今日は『土用丑の日』です。世間一般で言われる夏の『土用丑の日』について、 2017年の日にちは、7月25日(火)と8月6日(日)です。昨年2016年は1回でしたが、今年は2回あります。通称“二の丑”です。ちなみに、『土用の丑の日』は夏だけではなく、 春・夏・秋・冬に存在し、2017年は以下の日にちです。

冬:1月26日(木)春:4月20日(木)、5月2日(火)夏:7月25日(火)、8月6日(日)秋:10月29日(日)です。今夜は鰻で晩酌タイム

どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。

でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わってしまったわけではありません。逆に「ふたりの関係」が、次のステップへと進んだ、ということなのです

その関係がただの「妥協による落ち着き」なのか「本当に心地いい存在」なのか、ということ。ずっと一緒にいると、そこが曖昧になってきてしまうそうですよ… 

今日も1日楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております✨

2017.07.24 (Mon)  10:09

青紫蘇

青紫蘇。盆暮れには三つ葉と並んで、馬鹿みたいに高値になる!そして日持ちしない厄介者…(--;)青紫蘇は葉や花を香味野菜として刺身のつまや天ぷらなどにする。青紫蘇の若葉を摘んだものは「大葉(おおば)」、花穂のつぼみの開き初めに摘んだものを「穂じそ」とよび、薬味として用いられることも多い。西日本の一部では「青蘇(せいそ)」とも

千切り大根に刻んだ青紫蘇を和えてさっぱり、晩酌

別れに対する後悔とは、言い換えれば「自分の行動に対する後悔」です。別れたまま成長していないと、いつまでも心がそこに縛られてしまい、時間を止めてしまいます。しばらく月日が経った今だからこそ、客観的な視点で物ごとを見ることが重要です。過去をしっかりと受け止めながら、彼とのことを「終わったこと」として受け入れていきましょう。この過程は時間をかけて大丈夫です。

今週も一週間楽しく過ごしましょう

1 2 3 4 5 6 7 8