インフォメーション

2017.02.07 (Tue)  09:45

ノレソレ

今朝から風が強いですね(>_<)空気も冷たくて…(--;)今朝はノレソレを仕入ました(*^^*)冬から初夏にかけて入荷してくる。量が少なく高価なもの。マアナゴの仔魚とされているが種名はあきらかではない。なまのまま、わさびじょうゆ、酢みそなどで食べる。これがうまいかどうかは、鮮度の良さに左右される。鮮度の良いものの美味はなかなか他にもとめようのないもの

「いい出会いがない…」「付き合っても長く続かない……どこにいい相手がいるのかな」そんな口ぐせばかりで、恋愛がなんとなく消化不良になっている人、いませんか?そういうときは自分の考え方や行動を少し見直してみてはどうでしょうか? ちょっとした点を見直すだけで、実はいい出会いがみつかる、なんてことも

今日はイベント開催日です参加者の皆さまお待ちしております。

今日1日を大切に、楽しく過ごしましょう✨

2017.02.06 (Mon)  10:05

赤貝

赤貝(アカガイ)浅瀬や内湾、干潟に生息する。比較的簡単に採取できるので食用としても重要なものが多い、ただ高度成長期以来の荒廃とともに漁獲量が激減している。 そのためにますます値を上げているともいえそう。

あまりの人気から今では中国や韓国から大量に輸入。流通の世界では国産よりも輸入物の方が幅を利かせている。今夜は赤貝のお刺身つまみに晩酌タイム

「一晩寝てから行動しろ!」若いころは経験がないぶん、すべてが人生の一大事のように思えて、つい感情のままに行動してしまいがち。でも、勢いだけで突っ走ると後悔することも多いようです。「自分だけが特別じゃない」という現実を知り、少し落ち着きましょう。

今週も一週間楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております。

2017.02.05 (Sun)  09:28

イベント開催日

今日少し特別な日

イベント開催日なのにお天気が芳しくない。しかし暖かいのは歓迎です☺

目標に向かって努力しているときは、集中したいと思いますよね。あまりに多忙でスケジュールがぎっしり…。そんななかでも自分が本当に大切だと思う人がいたら、なんとかして時間をつくろうとするかもしれません。

時間も心も余裕がないのなら、きっと今は恋愛をするタイミングではないのでしょう。恋人がほしいという気持ちはあっても、余裕がなければ関係が破綻して、お互いガッカリする結果に…。中途半端な気持ちで相手を悲しませるくらいなら、自分に余裕ができるまでは待ちましょう。そのほうが、ずっといい恋愛ができるはず

参加者の皆さまに良い出会いがありますように

お待ちしております。

2017.02.04 (Sat)  09:55

めかぶ

暖かいですね☺随分日が長くなった気がしますが、花粉症には辛い季節の到来かも…(--;)今日は新物の、和布蕪(めかぶ) を仕入ました(*^^*)海藻は健康と美容に良いと聞いて思い浮かべるのは『もずく』や『わかめ』『ひじき』なんかがメジャーでしょうか?ちょっとマイナーだけど『めかぶ』優秀なんです。抗がんにも効果があり、ぬるぬるネバネバが美容にも良いと言われております抗がん以外にも風邪や生活習慣病改善に効果的!わかめよりも栄養が豊富と言われています。なんと万能薬!

インフルエンザも流行っているので今日から食べましょう!

「知りたいことはちゃんと聞かなきゃ。試しても問題が深くなるだけ」異性との間に問題があるときは、きちんとぶつかり合う勇気が必要です。ズルく試すような行動をとる前に、一度考え直してはいかがでしょうか

今夜はイベント開催日、参加者の皆さま、お待ちしております。

今日1日楽しく過ごしましょう✨

2017.02.03 (Fri)  10:11

節分

そもそも節分とは、季節を分ける日という意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日をあらわします。旧暦では、立春が元日を表していることから、節分は今でいうと「大晦日」にあたります。この日に一年の厄を払い、次の年を迎える日と尊ばれ、いつの間にか立春の日が「節分の日」として定着した

◆豆をまく習慣は鬼の目をうち「魔を滅する」という意味を込めてその年が無病息災で過ごせるようにと豆を撒くようになりました。豆まき時は年男や一家の主人が大声で叫びながら「鬼は外、福は内」と大声で叫びながら豆をまき、邪気や災厄を払っていきます『節分時にまく豆は炒った豆を使うのが定番ですが、生の豆を使うと、拾い忘れた場合、芽が出てきてしまうと再び魔が出て来ると言われているから』さらに、節分の豆は福豆とされ、その福を年齢の数だけ身体に取り入れ、一年の無病息災を願います

◆節分では家の入口にイワシの頭を柊に刺して飾る習慣もありますよね。これは、魚の嫌がるイワシの臭いと、柊の棘で鬼の侵入を防ぐという厄除けの役割をもたらしています。

◆節分と恵方巻きの関係は

最近では当たり前のように食べられている恵方巻きですが、もともとは関西地方で「福を巻き込む」という意味を込めて巻き寿司を食べる文化が始まったと言われています。包丁を入れずにそのまま食べるのは「縁を切らない」という意味が込められているから。ちなみに今年2017年の恵方は「北北西」無言で太巻き寿司を丸かぶりしながら食べ良い一年を過ごせますようにと願っていきたいですね

今夜は肩温めて、豆全力投球‼

「引くのを怖がってるうちは駆け引きができないよ」どうやら押しの一手では突破できない恋もあるようです。「これが自分のやり方だ」などと変なこだわりを持たず、柔軟に対応していきましょう 

今日も1日楽しく過ごしましょう✨

お待ちしております。

 

1 2 3 4 5 6