インフォメーション

2016.12.06 (Tue)  09:33

パクチー

その年の世相を反映し、象徴する「食」を選ぶ「2016年 今年の一皿」に、「パクチー料理」が選ばれた。

パクチーはセリ科の野菜で、コリアンダー、香菜(シャンツァイ)などの名称でも知られ、独特の香りがある。タイ、中国、インドなど世界の多くの国で食べられている。

選定理由について同総研は

①かつてはエスニック料理の薬味的存在だったが、パクチーサラダ、鍋、カクテルなどで主役に転じた

②愛好家を「パクチスト」と呼ぶ造語も生まれた

③日本での生産量が増え、買いやすくなった――ことなどを挙げた。 う~ん私はどうもパクチー苦手でして…(--;)

 

感謝を言葉にする大切さいつもありがとうの気持ちを♡

「ありがとう」という言葉も同様に、お付き合いの期間が長くなると、小さなことでも当たり前に変化していくと感じます。初めはカフェでお茶代を出してくれたことに、笑顔でありがとう♡と言えていたのが、だんだん無言でレジを済ましてもらうようになったりして。

迎えに来てくれたり、荷物を持ってくれるなど、心の中で「ありがとう」と思うだけで、言葉にできてない自分がいたり。そんなときにふたりの関係を観察してみると、ちょっとマンネリ気味な雰囲気も漂い始めているように感じます

もちろん言葉がなくても、暗黙の了解で日々の生活が進むのは素敵なことだと思います。しかし、心で思っているだけでは伝わらないことも確か。そんなときこそ、あえて「ありがとう」を口にすることで、温かい気持ちがフラッシュバックするかもしれません 

今日1日を楽しみましょう‼

2016.12.05 (Mon)  13:10

今日は

 今日は朝から忙しいです(>_<)

以前からちょっと痛かった首を診察して貰いに、本日付で開業した整形外科に、しかし…なっ!!なんと、凄い混み混み…(--;)

恋愛関係が深まる前は、些細なことでも「ごめんね」「ありがとう」を言っていたのに、なぜか一定の期間が経つと言わなくなってしまう、なんて心当たりはありませんか?過去に私も経験したことですが、何だか最近ラブラブ度が減ったなと感じるときは、この2つを忘れている気がするんですよね。

親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、彼氏彼女の関係でもお互いに尊重することが非常に大事だと感じます。言葉にしなくてもわかってくれるだろう、いつものことだから大丈夫か、と変に安心してしまうのはお互いに溝ができてしまうと思います。

過去の経験で、自分の言いたいことをお互い曲げずに、ひたすら水かけ論をしてしまう相手がいました。「私はこう思ったんだけど、何であのときこうだったの?」「だってお前がこうだから、こうしたんだけど」のように、お互いに言いたいことばかりを被せて、一歩も引かないケンカ。

いま思えば自分の意見を、ただ認めて欲しかっただけなのかもしれません。自分の幼さがテキメンに出ていたのかも…。しかし、これを繰り返してみてわかったことは、平行線に言い合っていては何も生まれないということなんですよね。

感情的なケンカはお互いにエネルギーを使うので疲れてしまうし、お互いの改善点が見えて価値観をすり合わせることができれば良いですが、水かけ論なので主張するだけして何も解決しない。そんなときは、どちらが悪いとかではなく、まずは「ごめんね」と謝りの言葉をいれてみてください。感情的になるより、理論的に一度落ち着いた方が、きっと話し合いができるはずです。

今日1日を楽しみましょう

岩殿山634

 

2016.12.04 (Sun)  22:06

百蔵山イベント日

今日は大月市にある百蔵山イベント日

お天気が気になりましたが、見事に快晴☀日頃の行いが良かったからかな(*^^*)

山頂からの富士山がとても綺麗で印象的

月市からこんなに富士山が見れるとは…知らなかったです

 まだまだ、知らない事多い

 大月市って寒いイメージがあったけど、暖かくてびっくり

皆さん、是非一度行ってみて下さいね(*^^*)

 時には頭の中空っぽにして、ぼーっとする瞬間も必要

 今週も一週間頑張りましょう

 

2016.12.03 (Sat)  10:43

大和芋

この季節になると、大和芋や長芋、高級な自然薯を良く目にします。

山芋・長芋・大和芋・自然薯の違い   原産種が違うそうです   自然薯は日本原産種、つまり在来種です。大和芋は南方原産種、長芋は中国原産種、つまり外来種となります。山芋という種類の芋はありません。自然薯、大和芋、長芋などをまとめて山芋と呼びます。

・粘りが違います、。芋の特徴で健康に良いと言われる「粘り」ですが、自然薯>大和芋>長芋の順になります。やはり自然薯が1番粘りがありますね。ちなみにとろろ芋はこれらの山芋をすりおろしたものを総称してとろろ芋と呼ぶんですよ

まっすぐ家に帰らない事‼  職場での飲み会や、友達との食事は積極的に参加していきましょう。「翌日の事が気になって……」なんて言っている場合ではないですよ。連日飲み明かす必要はありません。自分の体力と相談しながらアフター5の時間を楽しみましょう。仕事終わりの2.3時間を上手く活用して出会いの場を増やして行く事が大切なのです。「最近は誘いの声もかからない……」という方は自分から声をかけて行きましょう。数回続ければ、その後は誘いの声も増えるでしょう。

今夜は大和芋で晩酌タイム。今日1日を楽しみましょう‼

2016.12.02 (Fri)  09:09

ホンビノスガイ

ホンビノスガイ{白はまぐりとも呼ばれてます}国内では標準和名のビノスガイが北海道などでとれている。この標準和名は当時、「Venus」が属名であったため。「Venus」はギリシャ神話の愛と美の女神・ビーナスのこと。非常に大型になる二枚貝だが、軟体が硬く、旨みがないのでローカルな存在で人気がなかった。これが1990年代にアメリカ東岸からホンビノスガイが移入してきて定着。国内で流通するビノスガイ類は2種になり、またホンビノスが増えたことでいやが上にも目立つとことなっている。現在、東京湾で大いに増えているホンビノスガイを、いかに利用するかが水産業界の課題となっている。クラムチャウダーにしたり、生食に饗することもある。これが1990年代に東京湾に移入。内房では多産するようになっている。千葉県船橋などで漁獲を始め2000年代になって国内で出回り始めたもの。2010年には国産ものとしてはアサリよりも多いことがある。こ今夜は肴はホンビノス貝で晩酌タイム

 

「そろそろ彼氏彼女が欲しい……」と思いながらも、職場と家の往復で出会いがないと悩む男女は少なくないのでは?学生の頃とは違い、社会に出ると出会いの場が一気に減ってしまったり、恋をする時間がなかったりと彼氏彼女が出来づらい状況に陥ってしまう事があります。恋をしていないと日々に刺激がなく、毎日がつまらないと感じてしまう女性は多いでしょう。そうなると、なんとなく仕事へのやる気もなくなって気持ちが滅入ってしまう。その挙句家に閉じこもる……。と悪循環を生んでしまいます。

みなさんがキラキラとしたハッピーな時間を過ごす為には、何か打開策が必要ですね

今日1日を楽しみましょう

お待ちしております。

 

1 2 3 4 5 6 7