インフォメーション

2016.07.11 (Mon)  08:50

表札

今日も暑い1日になりそうですねぇ。お客さまが表札を作って来てくれ、頂いちゃいました。コンクリートで出来ててとてもどっしりしてて、重量感があり、中々御立派です♪大切に飾らせて頂きます♪
昨日は運動不足とストレス発散の為に勝沼ぶどう郷方面にあるらしい、大滝を目指しましたが…なんと今回も場所が良く分からなくて挫折…う~ん

2016.07.10 (Sun)  10:54

定休日

今日は久し振りに何も無いので、ゆっくり過ごそうと思います。休みなのに既に暑い…昨夜イベント開催しました。ほんとに爽やかな男性と、平成生まれの可愛らしい女性です。戻れるなら、私もその年代迄戻りたい…たくさんお喋りして、いっぱいゲームで楽しんで頂きました『渡る世間はナベばかり』はほんとに心が折れるかと思いましたね‼きっと今日から『わたなべさんのナベを気にしてしまうでしょう』お引き合わせは会話をゆっくりして頂き、とても良い雰囲気でした。皆さん2~3度お会いしてから、その先の事は考えて見ましょう‼また違った一面が見れる気がします
参加者の皆さまお疲れ様でした。

2016.07.09 (Sat)  11:55

岩牡蛎

せっかくの週末も、残念な雨です。こんな時はゆっくり休んで、体力温存したい気分…今日は岩牡蛎を仕入ました。岩牡蛎の季節です。ぷりぷりでとても美味しそうです。今夜は岩牡蛎で乾杯
2016.07.08 (Fri)  08:58

鮎(アユ)

今夜、無人尽とお引き合わせがあるので、鮎を仕入ました。旬を頂かないとね‼
市場での評価 養殖物は4月頃から入荷、秋口の子持ちまで続く。やや高値。天然ものは6月〜7月までが高く、8月になると値を下げるがそれでも高値。琵琶湖の湖産アユの入荷もあるがやや高値。
漁法 養殖、釣り、刺し網、定置網(えり 琵琶湖)
産地 天然ものは水産統計では栃木県、茨城県など。養殖は和歌山県、静岡県、徳島県、愛知県、宮崎県などが多い。
アユ火振り漁の様子「アユ火振り漁」 夜、淵に集まったアユを刺し網で囲み。薪の火を振って刺し網に追い出す。高知県四万十川流域、仁淀川流域で行われている。
選び方
触って張りのあるもの。色あせしていない黄金色のものがいい。
味わい
旬は夏 秋口の子持ちも別種の美味しさがある。
海産の稚鮎、湖産の氷魚(ひお)は鱗も骨も気にならず、そのまま利用できる。
成魚は鱗は細かくほとんど気にならない。皮は比較的しっかりしている。骨は軟らかい。
身は飴色がかった白身。熱を通しても硬く締まらない。
真子、白子も味がいい
今夜は塩焼きで乾杯
2016.07.07 (Thu)  10:16

七夕

今日は七夕さんですね✨今夜晴れてると良いなあ。あちこちで七夕祭が開催、七夕祭と言えば『湘南平塚七夕祭』何故か?わからんが、平塚駅ホームメロディーが『七夕』だからかな?湘南と言えば『海』ですね!たまには海にドライブして、潮風を浴びようかな?
今日も1日頑張りましょう‼
心よりお待ちしております。
1 2 3 4 5 6 7