インフォメーション

2018.03.04 (Sun)  23:22

鍋割山

前から一度行って見たかった『鍋割山の鍋割山荘で鍋焼うどん(1000円)』食べに、うしくんとcommercial farmsくんとで行って来ました。丹沢の表玄関にあたる登山口が大倉。県立秦野戸川公園には桜の木々が咲いてました、大倉尾根を搭ノ岳に向かう登山者のほか、鍋割山の登山口である二俣や、表尾根へのいくつかの登路の登山口となる。大倉バス停横にレストハウス、トイレ、登山届ポストがあり、靴の洗い場もあります。秦野戸川公園駐車場に停車。大倉→搭ノ岳→鍋割山→大倉ぐるっとざっくり8時間の周回コース。

朝から非常に暖かくて気持ちよく、徐々に高度をあげて行きます。登山道は綺麗に装備されてて、木の階段が足にきます。登山者が多くトレランの方々も結構多いそしてとてもうざったい。トレランの方に登山ペースを乱されるので私は嫌いです(>_<)天気は良かったのですが(バカ尾根)は強風でしたが歩くには問題無く、暖かいせいか遠く景色は霞んでいました。日に日に肥えてく、うしくんは「氷の旗がなびく」花立山荘到着時にはバテバテ。若者達がかき氷を美味しそうにほおばる。試しにうしくんに私のアーモンドチョコを与えると、鷲掴みで握りしめ流し込むように一気に食べる。足が前に進まないとグズるが無視する私達…朝よりヒゲが伸びてるcommercial farmsくんはもぐもぐタイム。金冷シ分岐からは雪解けのぬかるみが多いので、裾が汚れたくない場合はスパッツがあるとイイです。ぐちゃぐちゃの登山道を塔ノ岳に向かいます。山頂は強風と多くの登山者で賑わっており、景色は残念ながらガスガス。長居出来なさそうなので、鍋割山に向かう。お腹も減り限界に近いうしくんは更にグズるが、アーモンドチョコを与えると数分間はおとなしい。鍋割山に到着。たくさんあります登山者で賑わってます。まずは飯!(ノ-_-)ノ~┻━┻ 鍋割山荘に入るとカセットコンロと水のペットボトルが🌋のように! 名前とうどんの数量を書き山荘内で待つこと数分で出来上がります。七味唐辛子をふりかけて、青空の下で食べる鍋焼うどんはうまいっす✨凝りゃ良いね☀下界から持参した天ぷらを挿入して食べる。問題は鍋焼うどんに入ってる生玉子をどう食べるか!です!霞んだ景色と少し冷たい空気にさらされてお腹も🈵結構ずっしりきます。後は下山だけなのでしばし山頂を楽しみます、千葉県から来た女子2名も鍋焼うどん食べに来たそうで、千葉県から山登りに行くなら、飛行機で北海道に行くのが早くて楽ですと…( ̄□ ̄;)!!!まじ…(笑)山荘バックに記念撮影📷うしくんは私超デカイじゃんと…何を今更(*^)/☆(+。+*)山頂と山荘に別れを告げて下山。下山時にこのような看板を発見!ここから大倉迄は林道歩き、つまらん林道をひたすら歩く。結構歩く、イヤになるくらい林道歩きます。うしくんは限界ッスと嘆く。そして必ず言う…明日から歩くかぁ…と

日々のタスクとは別に、あなたには夢や目標、希望があるはず。 それに大好きな趣味やリフレッシュできるアクティビティもあるでしょう。自分が大好きなことをひとつやって、活力を取り入れてみましょう。仕事だけで一日が終わるのはあまりにもったいない。好きなことをして、適度に息抜きを。

自分勝手に生きている限り、人生で最高の喜びは見つかりません。最高の喜びや達成感というのは、誰かに与えているときや、そのようなやる気が出たときに気づくもの。自分の時間をほかの人の時間に投資して見ましょう。あなたの声を聞きたがっている友だちに、1本電話をするだけでもいいかもしれません

仲間と歩く、毎月一回の山梨百名山巡り始まります!楽しみながら山登りしたい方、年齢問わず募集中です。是非ご参加お待ちしております。みさき 店主

20180304_134701.jpg20180304_132334.jpg20180304_112620.jpgLINE_P20180306_175503462_(1).jpg20180304_160855.jpg