インフォメーション

2017.07.16 (Sun)  23:29

甲武信ヶ岳標高2475m

日本百名山でもある、甲武信ヶ岳に素敵な仲間と登りました。
今日はいつものメンバー+(さなぎちゃん、あきちゃん、まずは形からちゃん、さのっち、はるちゃん、く~ちゃん、不二子A)バラエティーに飛んだメンバー男性3名、女性8名ので甲武信ヶ岳へ
甲武信ヶ岳は、山梨県・埼玉県・長野県の3県の境にある標高2,475mの山で、奥秩父山塊の主脈の中央に位置する。甲武信岳とも呼ぶ。 甲州、武州、信州の境にあるのでこの名になっているとされる説が有名だが、山容が拳のように見えるからという説もある。千曲川、荒川、笛吹川の水源の地。頂上に三角点はない
毛木平からの日帰りルートで毛木平に向かう車中はとにかくうるさい女性が集まるとこんなにうるさいのか?と思うくらいうるさい(>_<)毛木平駐車場745分に到着。既に駐車場は満車、無料駐車場約50台駐車可能なのだが満車…(>_<)とにかく事故、故障のないように、登りたい。
千曲川源流に沿って登るのでさほどキツくない。甲武信ヶ岳山頂目指してレッツらゴー。
相変わらずうるさい女子良く喋る。千曲川とコケ、森林浴がとても気持ちいいです(*^^*)IMG_1364.jpgIMG_1357.jpg
なるべく女子のペースに合わせて歩くのですがついつい(>_<)
街中歩くなら合わせられるけど、登山になると体育会系の血がメラメラとんちゃんも8週連続で山登りなので『(お嬢から赤いキツネに変更)二人で今日はバンビちゃんのようとBIGマウス』サナギちゃんさのっちは山頂迄歩けるかな?と心配そうはるちゃんは毎日、公園を歩いてるらしい、く~ちゃんはそこそこ歩けると知ってたが、予想外の健脚。まずは形からちゃんや、さなぎちゃんも毎日歩いているみたいです。素晴らしい(^◇^)

案の定徐々に3つに別れる。メンバーの赤いキツネは古くからのケガがここ数日の山登りで悪化したのでゆっくり歩きますと。2グループには、あきちゃん居るから安心。景色や世間話しながら、川沿いを歩く。
ビューポイントのナメ滝に到着人気の場所。今日はご高齢の方々が多く休憩してました。ナメ滝を過ぎても傾斜はきつくならず、千曲川源流の水源地を示す標が立つ所まで、少しずつ高度を上げます。女子はテンション上がりますと時折千曲川に手を入れ冷たくて気持ちいいと女子力コメント、じゃが、とんちゃんは『カバの水浴びと一言あんたのコメントそれ?か

IMG_1414.jpgIMG_1376.jpg

水源地で休憩と給水して、水源地標の立つ所から一気に傾斜は増し、30分ほどで国師ヶ岳への分岐点にもなる稜線に上がります。う~んやっと山登りだ!
稜線を進み、甲武信ヶ岳山頂が見えてくると、山頂はもうすぐそこです。 最後の岩場を登ったら日本百名山の甲武信ヶ岳山頂です。

IMG_1379.jpgIMG_1380.jpg

山頂は曇りで、残念ながら景色はイマイチ。てか寒い!お腹も空いたので余計に寒く感じる。
身体を冷やさない様に、他のメンバーを待つ間に私とく~ちゃんは山小屋迄ダッシュ山頂から往復30分くらいです。
山頂に戻るとさなぎちゃんさのっちが岩場を歩く姿が見えてきたので一安心。全員無事到着(*^^*)ランチして、色男(まじ色男)に頼み全員で山頂の記念撮影し下山。さなぎちゃんの感無量みたいです。頑張りましたね。
皆さまお疲れ様でした(*^^*)
明日ものぼっちゃうょ~