インフォメーション

2016.12.09 (Fri)  09:42

7~9月期のGDP

7~9月期GDP改定値、年率換算1・3%増

2016年12月08日 11時04分

内閣府は8日、2016年7~9月期の国内総生産(GDP)の改定値を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDP(季節調整値)は前期(4~6月期)と比べて0・3%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算では1・3%増だった。11月14日に発表した速報値の0・5%増(年率2・2%増)から下方修正された。市場では、小幅な上方修正を予想する声が多かった。3四半期連続のプラス成長は維持したが、景気は力強さに欠ける状態が続いている。下方修正の要因は企業の設備投資が0・4%減と、速報段階の0・03%増からマイナスに転じたことだ。

中国の過剰生産による鋼材価格の下落などを背景に、鉄鋼業の設備投資が落ち込んだ。不動産や化学工業の投資も伸び悩んだ

景気の先行き不透明感漂いますね…(--;)2017年に期待して今日1日がんばる。恋愛で内面と外見どちらを重視?

相手があなたを好きになってくれた理由を聞いてみることをおすすめします。外見がタイプという人は、あなたと同じ外見の異性が出現したら、ピンチになることもあります。外見重視の相手は付き合い始めると、デートでキョロキョロしがちになるでしょう。自分だけを見てもらいたいという異性にとっては、ストレスのたまる状況が予想されますし外見の何処を重視されたかで、また変わってくる。

内面が決めてで付き合っているほうが、心で分かり合えて「愛されている」という実感も湧きやすくなります。安心したお付き合いをしたい人にはおすすめですね。

一目ぼれ、ナンパ、などであまり話をしたことがない人から告白された場合は、すぐにOKするのではなく一度きちんと考えてから恋愛をするかどうかを決めると良いでしょう。真剣に考えることで、あなたの印象もアップされることもできます。

いつどこで、どんな出会いがあるかわかりませんので、日々日頃気を付けましょう

今日一日を楽しい時間

お待ちしております。