インフォメーション

2016/12/08/09:25

針供養

今日はイベント開催の為貸切りです。週末忘年会や仕事上の都合で参加出来ない方の平日のイベント開催。皆さんが、良い出会いに繋がると良いなぁ…

今日は「事八日」に1年間お世話になった道具を片付け、供養する風習があります。道具の供養として代表的な行事が「針供養」です。「針供養」は12月8日に行う地域と2月8日に行う地域があり様々ですが、 東日本では2月8日に西日本では12月8日に行われる事が多いようです。この日付の違いは、「事始め・事納め」の捉え方の違いが影響しています 

一緒にいるとイラっとする言動

 会話に主語がない人って、すごく多いです。主語がない会話を聞かされる側は、絶えず想像力を駆使しつつ話を聞かないといけないので、疲れちゃうんです

主語がない会話で彼をイラっとさせないようにしましょう 

わたしはバカだから……とか、わたしは打たれ弱い人だから……というかんじで、自分で自分のことを規定する人って、なんかイラっとします

自己規定が激しい人の好奇心のなさや、世界観のせまさに、ゲンナリしている異性……そのうち喧嘩にならないように気をつけたいところです 

 『イラっ』とか「相手に対する怒り」って、閉ざされている世界において、ごくふつうに出てくる感情です。『未来はどこまでも広がっている』こんなことを感じているとき、ふつう人はイラっとなんかしないからです 。人として相手に気を使っているのかもしれませんが、気を使いすぎるというのと「迎合している(媚びを売っている)」のって、どことなく似ています。だからイラっとするのです

それに少し不機嫌な相手にホントのこと、つまり「怒ってる?」と言うと、さらに怒っちゃうのです 

誰しも好き・嫌いという主観的な気持ちを生活の中で出しているはずですが、好き・嫌いを超えたところにある「ことの本質」を見る習慣も持っておかないと、些細なことで相手がイラっとして別れちゃった……という悲しいことになりかねないということでしょう。 

相手が落ち着けるように、時間を彫刻する……とか、その人はその人で、相手が落ち着くように時間をデザインするとか……カップルでもっと時間の使い方に対して敏感になれば、いろんな「イラっ!」が、なくなっていくのではないでしょうか。

時間をどう使うか、という考えに、すでに相手に対する配慮(思いやり・愛情)が含まれているのだから。 

今日一日を楽しい時間に致しましょう‼

参加者の皆さん、お待ちしております。