インフォメーション

2016/12/02/09:09

ホンビノスガイ

ホンビノスガイ{白はまぐりとも呼ばれてます}国内では標準和名のビノスガイが北海道などでとれている。この標準和名は当時、「Venus」が属名であったため。「Venus」はギリシャ神話の愛と美の女神・ビーナスのこと。非常に大型になる二枚貝だが、軟体が硬く、旨みがないのでローカルな存在で人気がなかった。これが1990年代にアメリカ東岸からホンビノスガイが移入してきて定着。国内で流通するビノスガイ類は2種になり、またホンビノスが増えたことでいやが上にも目立つとことなっている。現在、東京湾で大いに増えているホンビノスガイを、いかに利用するかが水産業界の課題となっている。クラムチャウダーにしたり、生食に饗することもある。これが1990年代に東京湾に移入。内房では多産するようになっている。千葉県船橋などで漁獲を始め2000年代になって国内で出回り始めたもの。2010年には国産ものとしてはアサリよりも多いことがある。こ今夜は肴はホンビノス貝で晩酌タイム

 

「そろそろ彼氏彼女が欲しい……」と思いながらも、職場と家の往復で出会いがないと悩む男女は少なくないのでは?学生の頃とは違い、社会に出ると出会いの場が一気に減ってしまったり、恋をする時間がなかったりと彼氏彼女が出来づらい状況に陥ってしまう事があります。恋をしていないと日々に刺激がなく、毎日がつまらないと感じてしまう女性は多いでしょう。そうなると、なんとなく仕事へのやる気もなくなって気持ちが滅入ってしまう。その挙句家に閉じこもる……。と悪循環を生んでしまいます。

みなさんがキラキラとしたハッピーな時間を過ごす為には、何か打開策が必要ですね

今日1日を楽しみましょう

お待ちしております。