インフォメーション

2016.11.25 (Fri)  09:03

鮟鱇(あんこう)

11月らしくない今朝!寒すぎです(>_<)寒さで、感覚が麻痺したのか、青森県産の鮟鱇を仕入てしました、相変わらずの高価‼高級魚です…(--;)
漁師はこいつの事を「汐待ち」って呼んだそうで、うまくすると腹に魚が一杯入ってるから、つまり宝袋の様な魚だそうです。20キロにも成長しますが、旨いのは10キロ前後。腸以外に捨てるとこがなくて、ヌノ又はフンドシ(卵巣)、水袋(胃)、エラ、トモ(尾)、柳肉(身)、そして一番旨い、皮、キモ(肝臓)を、『アンコウの七つ道具』と言います。今夜は鮟鱇鍋で晩酌タイム(*^^*)

神社巡りの旅。
稲毛浅間神社(千葉県)……女性の願いをかなえてくれる
木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を祭神とする、富士信仰の神社。主に家庭運や家内安全にご利益があるため、女性にはより効果が期待できるでしょう。親子仲がうまくいかないなどトラブルを抱えている人は、皆で参拝することにより愛情運が高まり、家族円満に向かいます。また、親しい人と一緒に参拝することで、何かあっても必ず誰かが手を差し伸べて 家族円満に向かいます。また、親しい人と一緒に参拝することで、何かあっても必ず誰かが手を差し伸べてくれるような「助け合い」の運をいただけるでしょう。その際は、帰りに出店などで同じものを食べると、より運気が上がります、是非一度

男性を見極める…誰と恋愛を続けていくのかは、知らず知らずの内にあなた自身の人間性に影響を与えていく、という意味で非常に重要になります
いわゆる困った男性、今回は器の小さいと表現していますが、そういった魅力の少ない男性は、勘違いの度合いが非常に偏っている傾向にあります
なんでも自分に都合の良いように解釈しがちな特徴を持っています
そういう男性を見抜くには、あなた側が心の余裕を持った上で、「社交辞令」的に愛想を振りまいてみて、その反応を見ていくことが効果的です
あなたとしては全く本気ではなく、他の男性と同様に社交辞令をしたとして、困った男性はそれだけで「自分に気がある」とぐいぐいアプローチをかけてきます。そういう男性は要注意です
一般的な好みという前提付きで、男性の好意を褒めてみましょう
たとえば、車でバックする時ののしぐさが「好き」、たばこを吸っている時のしぐさが「好き」といったような形で困った男性は、その「好き」を自分自身にだけ向けられたものだと勘違いしてしまい、有頂天になって天狗になる傾向があります
褒めている間は良いですが、ネガティブなものになった場合、プライドが高いためあなたへの攻撃に転じてしまう可能性も高いです
そういう男性には基本近づかないようにしましょう
困った男性は「自分が優先されていない」と感じると途端に怒ったり焦ったりし始めます
たとえば、あなたからのメッセージの返事がなかなかこなくなったり、そういう変化に対してすぐに狼狽します
たとえば、あなたからのメッセージの返事がなかなかこなくなったり、そういう変化に対してすぐに狼狽します
彼に対するレスポンスをあえて遅くしてみたり、少しコントロールして反応を探ってみましょう
今日も1日楽しみましょう
凍結箇所がありますので、運転気を付けましょう