インフォメーション

2016/11/20/22:38

幻魚『げんげ』

今日は久々のお休みで、たまにはなにもかも考えないで、ズキュンと現実逃避中…(--;)新潟県上越市迄ふらふらと。とある酒場で、富山湾の幻。「幻魚(げんげ)」という魚をご存じでしょうか?
底引き網などで捕れることがありますが、雑魚として捨てられていたそうです。げんげという名も「下の下」という字が当てられていたそうです。しかし、今ではその希少価値が認められ「幻魚」という字に変えらています。
ある意味、すごい出世魚ですね。
少々グロテスクですが、これが幻魚です。幻魚は、富山湾の深海に生息する魚。まだまだマイナーな魚で、富山県でも内地に方へいくと知らない方もまだまだ多いです。表面はプルプルとしたゼラチン質で覆われています。このプルプルですが、なんと「コラーゲン」。これが判明してから、幻魚の知名度も上がりました。そんな幻魚ですが、以前より干物にされ酒の肴として親しまれてきました。酒好きの中では、珍味として全国的にも知られてたいたようです。深海魚である幻魚は水分が多く、傷むのも早いので干物にするのが一般的でした。
しかし、ここ富山は漁場と漁港がほど近い「天然の生け簀」。
幻魚の知名度が上がるにつれて、幻魚料理を提供するお店も増えてきました。
今夜は見知らぬ土地で、見知らぬ人達と乾杯(*^^*)日本海と幻魚つまみに晩酌タイム