インフォメーション

2016.11.11 (Fri)  08:51

オータムポエム

雨で更に寒く感じますね‼野菜が高いからオータムポエムと言う食材を入手してみました。オータムポエムという名称は「サカタのタネ」が販売している名称で、品種名はアスパラ菜となります。アスパラ菜にはオータムポエムの他にも「トーホク」という種苗会社から「愛味菜(まなみな)」という名称のものも販売されるようになりました。この両者はほとんど同じ物と思っていいくらい似ています。菜の花のような苦味は無く、花芽を食べるというより、花芽が付いた若い茎を食べると言った感じで、クセも無くほんのりと甘みがあり、味、食感ともアスパラに似た感じがします。紅菜苔(コウサイタイ)のようなヌメリは感じないです。まさに名前通りです

アンケート調査で「優しい男性」がダントツの1位になるのはもはや普通です。
しかしこの「優しさ」は内面的な意味合いではなく、もっと表面的な優しさを表しているのだとか。
女の言う「優しさ」とは、一言で言ってしまえば「表面上の優しさ」である。
女は、お前らの「内面の優しさ」なんぞ見とらんぞ。女が見ているのは、お食事のお会計を済ましておくとか、荷物を持ってくれるとか、レストランの扉を開けてやるだとか、そういった「表面上の優しさ」のみ。
ものすごい良い人なのにモテない人ってあなたの周りにいませんか?それは単純に内面的な優しさに特化してしまっているので、表面的な優しさを見せることにシフトしていけば目に見えてモテるようになるはずです。それだけ女性はわかりやすい優しさを求めていることになります。あなたは優しさの意味を履き違えていませんか?
女性との距離がグッと縮まるキッカケを作るのは何と言っても「お酒」です。
お酒を飲んで酔うほど不思議と心もカラダも近くなります。ここで大事なポイントはどうやってお酒を飲んでもらうか、です。
これは北風と太陽がいい例と言えるでしょう。
つまり「飲みなよ」とただお酒をすすめるだけでは、女性もその後を警戒したりするなどでなかなか飲みません。
これは北風と太陽の北風と一緒です。
太陽のように女性が自ら進んでお酒を飲みたくなるようにするのがベスト。そのキッカケとなるのが「愚痴」とのこと。
ところで、女はどういうときに自ら進んで酒を飲みたくなるだろうか?
それは言わずもがな
「愚痴を言うとき」である。
新橋にいいるサラリーマンのみならず、人間という生き物は「上司の奴が・・・」「職場の待遇が・・・」などと、愚痴を言って日頃のストレスをぶちまけるときは酒がすすむものである。その愚痴を引き出す一言が「大変じゃない?」の一言。
例えば「アパレルの仕事って大変じゃない?」「独り暮らしって楽そうだけど、意外と大変じゃない?」とどんな話題にも使えます。すると相手は「そうなのー」と言いながら自然と話しをしてくるようになるはずです。
今日も1日を楽しみましょう(*^^*)
お待ちしております。