インフォメーション

2016.11.04 (Fri)  08:48

クロソイ

目立たない黒や茶色の中型のカサゴの仲間を東北、北海道などの呼び名で「ソイ」もしくは「スイ」などという。クロソイ、タヌキメバル(マゾイ)などは日本各地の比較的浅い岩礁域にいる。透明感のある白身で味のよいところから、クロソイなどは北海道では「北の鯛」などとされ養殖も盛んだ。エゾメバルは北海道ではガヤガヤたくさんとれるので「ガヤ」。安くておいしい魚として重要である。北国で手軽にみそ汁や、鍋物、そして生きのいいものを刺身などにして、とても重要なものそれが「ソイ類」なのである。関東などにも安定して入荷してくる。三陸などでは養殖も行われ、ソイの代表的なものとなっている。大きいのは高級である。
白身で上品な味わいなので、三陸などマダイの少ない地域では、「北の鯛」ともいわれる。
関東、西日本などでも白身魚として徐々に人気を得ている
煮つけ はしょうゆ味の煮つけもうまいが、塩味で「まーす煮」にしても美味しい。中型のクロソイの煮つけ。三陸ではあっさりした味つけで、白身の味わいを生かしたもの。今夜の晩酌タイムはたまには煮付けで…

多少の隙は必要不可欠
一部の隙もない完璧さは付け入る隙がないと男性をしり込みさせます。もしかしたらと思わせる隙は男性からのアタックや関心を引き寄せるために必要不可欠です。プライドの硬い男性は袖にされる可能性を押してまで、好意を寄せようとはしません。大げさにではなくちらりと見せる隙を男性は見逃しません。
今日1日を楽しみましょう‼
お待ちしております。