インフォメーション

2016.09.28 (Wed)  09:35

サゴシ

一本釣りのサゴシを仕入ました。
漢字で書くと 「鰆」「狭腹」由来は「魚」偏に「春」と書く漢字はもっぱら瀬戸内海、関西で生まれたものだろう。この周辺では産卵のために瀬戸内に入る「春」がもっともサワラがとれる時期でもあるとされております。
【出世魚】
徳島県阿南市『椿泊漁業協同組合』、高知県では小型魚をサゴシ、50センチ〜70センチほどをヤナギ、成魚をサワラ。
高知県では小型魚をゴシ、シマウマ。1キロ以下をサゴシ。50センチ〜70センチほどをヤナギ、成魚をサワラ。
成長にともなって呼び名の変わる出世魚
刺身は主に西日本でよく食べられている。これが実に美味。
サワラの刺身(焼霜造り)焼霜造り サワラは皮が柔らかく、またうま味もあるので皮目をあぶって造っても美味しい。今夜の晩酌タイムはサゴシで乾杯